ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 港湾・空港 > 千葉県の港湾 > ちばの港湾 > 港湾施設の長寿命化計画について

更新日:平成27(2015)年3月17日

港湾施設の長寿命化計画について

長寿命化計画策定の目的

千葉県が管理する港湾構造物のうち、長寿命化を図る対象施設として位置付ける係留施設(岸壁、物揚場)、外郭施設(防波堤)、臨港交通施設(橋梁)の計265施設について、これまでの事後的な対策から予防的な維持管理に転換することにより、将来的に必要となる維持管理費の縮減化、各年の維持管理費用の平準化を実現することを目的として長寿命化計画を策定しております。

長寿命化計画の概要

千葉県における港湾施設の長寿命化計画について

  1. 千葉県の港湾
  2. 港湾の施設
  3. 長寿命化計画策定の背景
  4. 港湾施設の老朽化の現状
  5. 事後対策による費用
  6. 長寿命化計画の必要性
  7. 対策工の事例
  8. 長寿命化計画の効果
  9. まとめ

(参考資料)

  1. 平準化、優先順位の考え方
  2. 補修方法の考え方

ファイルのダウンロード

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:県土整備部港湾課企画班

電話番号:043-223-3843

ファックス番号:043-227-0928

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?