ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月20日

地域の協働事例を紹介します!『ちばコラボナビ』

年の多様化・複雑化する地域課題の解決には、市民活動団体、地縁団体、企業、自治体等の多様な主体が、それぞれの強みを活かし、協働して取り組んでいく“共助社会づくり”を進めることが重要となりますが、その重要性は認識していても、協働への一歩がなかなか踏み出せないという声がよく聞かれます。

んな分野でどんな協働ができるのか、どんな団体があるのか、団体を知ってはいても信用できる団体なのか…
かし、千葉県内では、市民活動団体と地域の様々な主体が協働で地域の課題解決に取り組み、成果をあげている事業がたくさん実施されています。

こで、そのような事例を紹介し、協働への疑問や不安を抱える方々に参考にしていただくため、『ちばコラボナビ』(通称『コラナビ』)を作成しました。

『ちばコラボナビ』(通称『コラナビ』とは)

コラナビ』は、市民活動団体と地域の様々な主体との協働の取組みを紹介するサイトです。

協働事例を探す
上のボタンをクリック!

一緒にできることを考えたい」、「協働をうまく進めたい」と考えている方々の参考にしてもらえるよう、協働のきっかけや、コラボのコツなどをわかりやすく紹介し、現場の写真も掲載しています。

た、『コラナビ』をより多くの方に、より効果的に活用いただくための活用ガイドも作成しましたので、ぜひご覧ください。

コラナビ 活用ガイド
「ちばコラボナビ活用ガイド」(PDF:692KB)

働事業は県内各地で増えておりますし、現場の状況も事業内容も進展していきます。

のため、紹介されている事例の内容が古くならないよう、更新や加除が可能なホームページという手法を選びました。冊子での配布はしておりませんので、気になる事例がありましたら、「お気に入り」に入れたり、印刷してオリジナルの事例集としてご活用ください。

後も、新たな事例追加はもちろん、継続中の事業や団体情報も、必要に応じて随時更新していきますので、よい事例をご存じの方は情報をお寄せください。

※市民活動団体の皆様へ

働を促進するためには、パートナーとなる相手のことを良く知ることが必須です。そのためにも、市民活動団体は自ら情報を積極的に発信し、信頼を得ることが何より重要になります。市民活動団体の皆様には、このサイトの更新に御協力いただくとともに、様々なツールを活用して、自団体の情報を発信する力を更に向上させていただくことを期待しています。

掲載事例について

掲載事例数

30事例(平成27年3月末日現在)

事例の選択方法

  1. これまで、県が実施してきた事業を中心に、地域における様々な主体による協働事業をピックアップし、運営団体への聞き取りと併せ、事業の実施現場を訪問して取材を行い、掲載事例を絞り込みました。
  2. 聞き取り等を進める中で得た情報をもとに、新しい事例の掘り出しも行いました。
  3. 今後も、様々な機会をとらえ、新たな事例を掘りおこし、掲載事例を増やしていきます。

主な掲載項目

  1. 活動分野
    まちづくり/福祉(高齢者・障害・子ども)/環境/教育・文化
  2. 協働パートナーの種別
    企業/行政/教育/地縁/NPO
  3. 事業の手法
  4. 事業費
  5. 事業概要
  6. 協働までの経緯
    なぜ協働に至ったのか、社会背景や各主体の持つ課題や目的がどのようにして共有されたのかなど
  7. 主な事業内容(年間スケジュール等)
  8. 主な協働パートナーとの役割分担
  9. 協働事業によって生まれた成果
    事業成果も含めた、協働だからこその効果やお互いのメリットなど
  10. コラボのコツ
    協働にあたって工夫した点、うまくいくためのアドバイス
  11. 今後力を入れていきたいこと
    発展的継続のための課題やその解決方法及び目標
  12. 運営団体マネジメント&活動実績
    主体となる団体の基本情報や受託・表彰歴等

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部県民生活・文化課県民活動推進班

電話番号:043-223-4133

ファックス番号:043-221-5858

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?