ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年8月20日

千葉ニュータウン事業

千葉ニュータウンは、東京都心や成田国際空港との近接性を活かしながら、「住む」「働く」「学ぶ」「憩う」など、各種機能の複合した総合的な都市づくりを進めるとともに、首都圏における住宅・宅地需要に適応した、良好で計画的な宅地の供給を図り、北総地域の中核都市を形成することを目的として、整備を行っています。

事業概要

所在地

  • 白井市、船橋市、印西市の3市にまたがる区域。
  • 東京都心から東北東へ約25~45km、千葉市から北へ約20kmに位置しています。
  • 南北約2~3km、東西約18kmに及び、6つのブロックに分かれています。

事業手法

新住宅市街地開発事業

施行者

千葉県及び独立行政法人都市再生機構の共同施行

事業期間

昭和44年(1969年)5月13日~平成26年(2014年)3月31日

規模

  • 計画面積:約1,930ha
  • 計画人口:143,300人
  • 計画戸数:45,600戸

ページの先頭へ戻る

位置図

位置図
位置図(JPG:186KB)

[位置図をクリックすると広域図を表示します]

千葉ニュータウンと成田国際空港を結ぶ成田スカイアクセスが平成22年7月17日に開業しました。
千葉ニュータウンには、一般特急「アクセス特急」が、千葉ニュータウン中央と印旛日本医大に停車します。

航空写真

ページの先頭へ戻る

入居状況表(令和元年7月末時点)

戸数

区分

白井市

船橋市

印西市

合計

計画

12,500

2,200

30,900

45,600

実績

13,250

2,854

24,193

40,297

人口

区分

白井市

船橋市

印西市

合計

計画

38,800

8,500

96,000

143,300

実績

31,742

5,971

63,659

101,372

ページの先頭へ戻る

パンフレット(オフィシャルガイド、土地利用計画図(平成28年4月版))

ページの先頭へ戻る

関係機関

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:企業局 土地管理部土地事業調整課ニュータウン事業室 業務班

電話番号:0476-29-5316

ファックス番号:0476-47-7911

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?