ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年2月23日

業務内容

衛生指導課

家畜衛生指導

畜産農家巡回や広報の発行により衛生情報の提供や衛生技術向上の指導をしています。特に経済的被害の大きい疾病については検査を実施し、ワクチンプログラムや疾病対策について指導しています。また、流行の恐れのある家畜伝染病の浸潤状況と動態を継続的に予察し、それを基にした防疫体制の確立と畜産農家への指導を行っています。

家畜改良指導

種畜検査や家畜人工授精師の免許証交付を実施しています。

動物用医薬品の適正使用

動物用医薬品販売業者に対する許可事務と薬事監視を実施し、動物用医薬品の適正流通について指導しています。

獣医療体制の整備

飼育動物診療施設の開設・廃止等の届出事務や現地調査を実施しています。

畜産物の安全性確保

サルモネラ、カンピロバクター等の浸潤調査や、飼料添加物残留検査、耐性菌検査等を実施し、安全性の高い畜産物の生産について農家指導を行っています。

畜産環境保全

家畜ふん尿処理施設の整備とその利用状況の把握を行い、適切な処理を継続できるように農家に助言・指導を実施しています。また、畜産経営に伴う環境問題の発生等についても関係機関と協力して改善指導を実施し、地域と共生する畜産経営の確立を進めています。

飼養衛生管理基準の指導

家畜の伝染性疾病の病原体がひろがるのを防止するために、家畜の所有者が遵守すべき衛生管理方法に関する基準が適切に保たれているかについて調査を行い、必要な措置を指導しています。

防疫課

監視伝染病の検査

牛結核病、牛ブルセラ病、牛ヨーネ病、馬伝染性貧血、豚コレラ、豚オーエスキー病、高病原性鳥インフルエンザ、蜜蜂ふそ病等について検査を行い、清浄性維持の確認や摘発・淘汰を実施しています。

病性鑑定

各種疾病の病性を迅速かつ的確に把握し、疾病のまん延防止に努めています。

輸入家畜の着地検査

輸入家畜について、着地後3ヶ月間の臨床検査と特定疾病検査を実施し、海外からの疾病の侵入防止に努めています。

急性悪性伝染病の対策

高病原性鳥インフルエンザや口蹄疫等の急性悪性伝染病が万一発生した場合に備え、衛生情報の収集、防疫資材の備蓄、家畜防疫演習を実施しています。

牛定期検査の予定

注:予定は業務の都合により変更になることがあります。ご了承ください。

区分

平成28年度

平成29年度

平成30年度

平成31年度

4月

御宿町(全域)

南房総市:白浜地区

 

 

南房総市

千倉地区

5月

 

いすみ市

大原,夷隅地区

君津市(全域)

木更津市(全域)

6月

富津市
天羽地区

南房総市
三芳:滝田地区

富津市

富津,大佐和地区

南房総市

三芳:国府,稲都地区

7月

鋸南町全域

袖ケ浦市
中川,平岡地区

いすみ市

岬地区

袖ケ浦市

根形,長浦,昭和地区

8月

 

 

 

 

9月

 

 

大多喜町(全域)

 

10月

南房総市
丸山:丸,大井地区

館山市
館野,九重,豊房地区

南房総市
丸山:豊田,千歳地区

館山市

那古,北条,館山,神戸地区

11月

鴨川市
鴨川,長狭地区

南房総市
富山:平久里以東地区

鴨川市
天津,曾呂,江見地区

南房総市

富山:井野,吉沢地区

12月

南房総市

和田:下三原、海発地区

 

勝浦市(全域)

 

1月

 

 

 

 

2月

 

 

南房総市
和田:中三原以北地区

 

3月

 

 

 

 

事業実績書

 

ページの先頭へ戻る

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部南部家畜保健衛生所衛生指導課

電話番号:04-7092-2304

ファックス番号:04-7092-1434

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?