ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年6月13日

結核予防

結核予防事業

結核の患者さんや家族の結核の患者さんや家族の方等への療養支援や医療費対策など、また予防的活動等実施しています。
結核は、過去の病気と思われがちですが、全国では平成24年の1年間で21,283人が新たに発症しており、海匝保健所管内でも毎年約40人が発症しております。結核は今も我が国最大の感染症(人から人へ移る病気)です。

皆さんも次の点に注意してください。

  1. 2週間以上の長びく咳は、早めに医療機関に受診しましょう。
  2. 乳幼児は、早期にBCG接種をしましょう。
    乳幼児は重症になる恐れがあります。予防の為には乳児期の早い時期のBCG接種が重要です。
  3. 胸部のX線検査を、年1回は必ず受けましょう。
    市で行っている結核住民健康診断又は職場等での健康診断を受けましょう。

結核医療費公費負担制度

入院患者の医療(第37条)

  • 肺結核(菌陽性による肺結核及び排菌の疑いの濃い空洞性結核)、又は肺外結核(感染性肺外結核)に罹患している方が対象です。
  • 医療費は全額、健康保険と公費で負担されます(ただし、世帯員の総所得税額により一部負担がある場合があります)。
  • 感染症指定医療機関で治療が受けられます。

申請に必要な書類

  • 結核医療費公費負担申請書と診断書
  • エックス線写真(診査会開催前3ヶ月以内に撮影された直接撮影写真)、及び必要があればCT撮影写真

一般の結核患者に対する医療費助成制度(第37条の2)

  • 肺結核、又は肺外結核に罹患している方が対象です。
  • 健康保険を使って治療した場合に、その5%が自己負担となります。ただし、診断書料や初診料、再診療、指導料などは公費負担の対象になりません。
  • 感染症指定医療機関で治療が受けられます

申請に必要な書類

  • 結核医療費公費負担申請書と診断書
  • エックス線写真(診査会開催前3ヶ月以内に撮影された直接撮影写真)

結核についてもっと知りたい方は

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部海匝健康福祉センター総務企画課

電話番号:0479-22-0206

ファックス番号:0479-24-9682

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?