サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(健康・医療) > 精神障害者保健福祉手帳を取得するには、どのような手続をしたらよいですか。

更新日:平成29(2017)年10月7日

精神障害者保健福祉手帳を取得するには、どのような手続をしたらよいですか。

質問

精神障害者保健福祉手帳を取得するには、どのような手続をしたらよいですか。

回答

申請者は、一定の精神障害の状態にあるご本人となります。
申請は、以下の提出書類を、お住まいの市町村の障害福祉担当課へご提出いただくこととなります。
なお、医師の診断書は有料のため、事前に障害の程度が手帳取得に該当するか、手帳を取得するメリットはあるかなど、かかりつけの医療機関に御相談されることをお勧めします。

【提出書類】
1申請書(所定の様式。市役所等にあります)
2医師の診断書(所定の様式。精神障害者に係る初診日から6か月を経過した日以後における診断書が必要となります)、または、精神障害を支給事由とする年金給付を現に受けていることを証する書類の写しとして、以下の<1>又は<2>。
<1>精神障害を事由とした障害年金証書の写し及び直近の年金振込通知書の写し
<2>精神障害を事由とした特別障害給付金受給資格者証の写し及び国庫金振込通知書の写し
3上記2の<1>又は<2>で申請する場合は、日本年金機構等に照会することへの同意書

県が手帳交付の可否及び障害等級の判定を行います。年金証書等で申請をされた場合、手帳の等級は年金の等級と同じものになります。
申請から手帳の交付までは、1~3か月ほどかかります。
詳しくは、お住まいの市町村の障害保健福祉担当窓口へお問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部精神保健福祉センター審査課

電話番号:043-263-3913

ファックス番号:043-265-3963

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?