ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 保健医療政策 > 地域医療への支援 > 終末期医療等に関する高齢者向け啓発プログラムの開発、実施事業 > 最期まで自分らしく生きる-終末期医療について考え、話し合ってみませんか

更新日:平成30(2018)年3月29日

最期まで自分らしく生きる-終末期医療について考え、話し合ってみませんか

リーフレットのダウンロード(PDF:1,025KB)(このページと同じ内容です。)

あなたは、人生の終わりの時期をどのように過ごしたいですか?

誰もが皆、いつかは人生の終わりの時期を迎えます。その時をどのように過ごしたいか、あなたは考えたことがありますか?

どのような最期を迎えたいのかを自分なりに考えておくこと、そしてそれを実現するために周りの大切な人、支えてくれる人とよく話し合い、自分の考えや思いを共有することはとても大切です。

あなたも家族や大切な人たちと一緒に考えてみましょう。

  1. 千葉県の現状について教えてください。
  2. なぜ事前に考えること、周囲に伝えることが重要なのでしょうか。
  3. どのようなことを考えればいいのでしょうか。考える上で参考となる教材はありますか。
  4. 日頃から「考える」「話し合う」「調べる」「整理する」

 千葉県の現状について教えてください。

千葉県では、死亡者のうち76%の方が病院で最期を迎えています。

【県民の死亡場所の内訳】

図_県民の死亡場所の内訳

(出典:厚生労働省「人口動態調査」2012)

一方、どこで最期を迎えたいか、アンケート調査したところ、「自宅で最期まで療養したい」人が31.6%、「医療機関に入院して最期を迎えたい」人は37.4%でした。

図_アンケート結果

(出典:「終末期医療に関する県民意識インターネット調査」2013)

ページの先頭へ戻る

 なぜ事前に考えること、周囲に伝えることが重要なのでしょうか。

あなたが重病になったとき、高齢になり認知症になったとき、事故に遭って意識を失った時など、あなた自身が意思表示できない状況になったとき、どのような医療を受けるか、どこでどのように暮らし最期を迎えるかについて、家族が重要な決断を迫られることがあります

家族による話し合いの様子

期まで自分らしく過ごすために、またもしもの時の家族の負担を減らすために、こうしたことをあらかじめ考え、家族や周囲の人たちと話し合っておくことはとても重要です。

 

 

ページの先頭へ戻る

 どのようなことを考えればいいのでしょうか。考える上で参考となる教材はありますか。

日ごろから以下のようなことを考え、家族や周囲の人たちと話し合っておきましょう。

  • 人生の終わりの時期をどこで、誰と、どんなふうに過ごしたいか
  • どのような場合にどのような医療を受けたいか(あるいは受けたくないか)
  • 意思表明ができない状態になったとき、誰に判断をまかせたいかなど

<参考教材>
千葉県では終末期医療を考えるためのプログラムを製作しました。ある家族のドラマや専門家の解説をまじえて、自分らしく最期を迎えるために知っておきたいこと、考えておきたいことをご紹介しています。

啓発動画のタイトル画面

啓発動画の一場面_有識者のコメント

 

ぜひ、ご家族や職場、ご近所の皆様などと、あるいはおひとりででもご覧ください。

ページの先頭へ戻る

 日頃から「考える」「話し合う」「調べる」「整理する」

分が最期までどのように生きたいか、日ごろからよく考えておきましょう。そのことについて家族や周囲の人とよく話し合うこと、いろいろな情報を集めること、考えたことを整理することも重要です。自分自身や周囲の状況の変化とともに考え方が変わることもあります。いつでも、何度でも繰り返しましょう。

Step1_考える

自身の価値観や人生観、最期をどこでどのように過ごしたいか、などについて、まず自分で考えてみる。

Step2_話し合う

家族や兄弟、友人等の身近で信頼できる人やかかりつけ医などの医療関係者と話し合う。

Step3_調べる

最期を迎える場所の選択肢にはどのようなものがあるか、既存の意思表明様式など関連情報を収集する。

Step4_整理する

最期の時期をどのように過ごしたいかについて、自分の意思を明確にし、周囲に依頼したいことを整理する。

図_日頃から「考える」、「話し合う」、「調べる」、「整理する」を繰り返しましょう

 

ページの先頭へ戻る


監修:平成24・25年度 終末期医療等に関する高齢者向け啓発プログラムの開発、実施事業 有識者会議

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉政策課地域医療構想推進室

電話番号:043-223-2608

ファックス番号:043-222-9023

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?