サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 福祉・子育て > バリアフリー・ユニバーサルデザイン > 建築物におけるユニバーサルデザインの推進について

更新日:平成29(2017)年3月6日

建築物におけるユニバーサルデザインの推進について

1.どうしてユニバーサルデザインの建築物が必要なのか

多数の人が利用する建築物は、高齢の人、体の不自由な人、妊婦、乳幼児を連れた人、外国人など、さまざまな人々が多様な利用のしかたをします。

また、住まいや生活に密着した建築物は、毎日利用し、生活の基盤ともいえるものです。

このように、建築物は、人が住む、働く、集うなど、生活の基本となるものであり、ユニバーサルデザインにより整備していくことが大切です。

※ユニバーサルデザインとは
年齢、国籍、性別、個人の能力を問わず、誰もが可能な限り利用しやすいように、特別仕様のデザインをすることなしに、製品、建築物、環境をデザインすることです。

2.建築指導課での取り組みについて

千葉県では、ユニバーサルデザインの理念に基づいた建築物の整備の推進のため、「千葉県建築物ユニバーサルデザイン整備指針」の策定など、下記の取り組みを行っております。

  1. 「千葉県建築物ユニバーサルデザイン整備指針」の策定について
  2. 千葉県建築文化賞によるユニバーサルデザインに配慮した建築物の表彰について
  3. ユニバーサルデザインを考慮したトイレの紹介について

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部建築指導課企画班

電話番号:043-223-3181

ファックス番号:043-225-0913

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?