ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月10日

交通安全について│香取地域

平成29年度千葉県交通安全県民運動スローガン

「みんなでつくろう交通安全県ちば」

千葉県は、人命尊重の理念のもと、県民一人ひとりが主体的に交通安全活動に取り組むことにより、交通事故を撲滅し安全で住みよい「交通安全県ちば」を確立することとしています。

交通事故の防止は、県民一人ひとりが自覚と責任を持ち、交通ルールを遵守し、正しい交通マナーを実践することが大切です。

平成29年度の千葉県交通安全県民運動は、このような観点に立ち、県民の皆さんをはじめ、国・県・市町村、企業、団体、NPOや地域の交通安全推進団体がチームスピリットのもと、交通安全対策に取り組む事を目的としています。

交通事故死者数抑止目標

「24時間死者数を150人以下とする。」、「死傷者数を18,000人以下とする。」を目指します。

 ゼブラ・ストップ活動

ゼブラ・ストップ活動は、横断歩道の和製語であるゼブラゾーンの「ゼブラ」にかけたものです。運転者は、「前方」・「ブレーキ」・「ライト」を強く意識し、横断歩道手前での確実な「ストップ(一時停止)」を徹底しましょう。

  • んぽう(前方)

前をよく見て横断歩道を発見したら、歩行者等がいないか注意しましょう。

  • レーキ

渡ろうとする歩行者等がいる場合は、横断歩道手前で停止できるような速度で走行しましょう。

  • イト

3(サン)・ライト運動を実践しましょう。

  • ストップ

横断する歩行者がいる場合は、必ずストップしましょう。

 3(サン)・ライト運動

3(サン)・ライト運動を実践して、夕暮れ時から夜間の交通事故を防止し、太陽(サン)のように明るく幸せな人生を送りましょう。

  • ライト(前照灯)

早めのライト点灯により、歩行者等が車を発見しやすくなります。また、道路を横断する場合の判断の誤りを防止することができます。
運転者は、対向車がいないときは、小まめにライトを上向きにして歩行者等の早期発見に努めましょう。

  • ライト・アップ(目立つ)

歩行者等は、反射材やLEDライトなどを身につけて目立つようにし、車から発見されやすいようにしましょう。

  • ライト(右)

夜間の道路横断中の交通死亡事故で最も多いのは、車から見て右側からの横断者との衝突です。
運転者は、道路の右側にも注意を向けて走行するようにしましょう。

 平成29年度交通安全運動日程

運動名

期間

春の全国交通安全運動

4月6日(木曜日)~4月15日(土曜日)

夏の交通安全運動

7月10日(月曜日)~7月19日(水曜日)

秋の全国交通安全運動

9月21日(木曜日)~9月30日(土曜日)

冬の交通安全運動

12月10日(日曜日)~12月19日(火曜日)

 香取地域振興事務所管内交通事故発生状況(香取警察署管内)

平成29年6月28日現在速報版(高速道路上での事故は除く)

区分

香取市

神崎町

多古町

東庄町

管内計

千葉県全体

(高速道路上での事故含む)

事故発生件数

127件

5件

26件

13件

171件

8,529件

死者数

1名

0名

1名

3名

5名

72名

負傷者数

164名

6名

33名

10名

213名

10,524名

 交通安全推進隊について

交通安全推進隊とは身近な地域(小学校区など)で、こどもや高齢者を交通事故から守るなど、日常的な交通安全活動を行うボランティア組織です。平成28年10月時点で、千葉県では約3,600名の方が活動しています。

詳細は、「交通安全推進隊について」をご覧ください。

 交通安全ライブラリーについて

千葉県から交通事故をなくすため、映像という誰にとっても理解しやすい教材である、交通安全教育ビデオの貸出を行っています。

学校、子ども用、高齢者用、ドライバー用など各種用意しておりますので、学校、老人クラブ、職場、町内会などで行われる交通安全教室や講習会等の際にご利用ください。

詳細は、「交通安全ライブラリー」をご覧ください。

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部香取地域振興事務所地域振興課企画係

電話番号:0478-54-1311

ファックス番号:0478-52-5529

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?