ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 観光・特産品 > 観光振興施策 > 観光客の入込動向 > 平成23年観光客の入込動向について > 平成23年ゴールデンウィークにおける観光入込状況について(速報値)

報道発表案件

更新日:令和2(2020)年8月6日

ページ番号:6567

平成23年ゴールデンウィークにおける観光入込状況について(速報値)

発表日:平成23年5月13日

千葉県商工労働部観光課
043-223-2419

東日本大震災等の県内観光への影響を把握するため、県ではゴールデンウィークにおける県内の主な観光・レクリエーション施設、宿泊施設への観光入込客等の状況を緊急に調査しました。
前年同期と比べて、観光・レクリエーション施設では16.0%の減少、宿泊施設では15.7%の減少となり、回復傾向は見られるものの、県内観光は未だ厳しい状況にあります。
今後、県では「がんばろう!千葉」を合言葉に、積極的に観光キャンペーンを展開し、千葉県観光のさらなる元気回復に努めてまいります。

1.調査方法

(1)調査対象:県内各地の代表的な観光・レクリエーション施設20施設と宿泊施設14施設

(2)調査期間:平成23年4月29日(金曜日・祝日)~5月5日(木曜日・祝日)(7日間)

(前年比較期間:平成22年4月29日(木曜日・祝日)~5月5日(水曜日・祝日))

(注)本調査では、4月29日から5月5日までの期間を「ゴールデンウィーク」としている。

2.調査結果

(1)県全体

(単位:人地点、人泊)
区分

観光・レクリエーション施設(20施設)

宿泊施設(14施設)

H23

H22

増減

対前年比(%)

H23

H22

増減

対前年比(%)

県全体

444,343

528,967

▲84,624

▲16.0

30,693

36,421

▲5,728

▲15.7

(注)人数は調査対象施設の合計であり、県全体の観光入込客数を示したものではない。(以下同様)

(2)地域別

(単位:人地点、人泊)
区分

観光・レクリエーション施設(20施設)

宿泊施設(14施設)

H23

H22

増減

対前年比(%)

H23

H22

増減

対前年比(%)

ベイエリア・東葛飾地域

185,200

207,570

▲22,370

▲10.8

11,009

13,240

▲2,231

▲16.9

北総地域

64,110

87,688

▲23,578

▲26.9

3,342

4,628

▲1,286

▲27.8

九十九里地域

23,179

26,491

▲3,312

▲12.5

3,344

3,607

▲263

▲7.3

南房総地域

171,854

207,218

▲35,364

▲17.1

12,998

14,946

▲1,948

▲13.0

(参考)調査対象施設

(1)観光・レクリエーション施設調査対象(20施設)

【ベイエリア・東葛飾地域】(7施設)

千葉市動物公園(千葉市)、県立中央博物館(千葉市)、市原ぞうの国(市原市)、京成バラ園(八千代市)、市川市動植物園(市川市)、ふなばしアンデルセン公園(船橋市)、県立関宿城博物館(野田市)

【北総地域】(5施設)

成田ゆめ牧場(成田市)、国立歴史民俗博物館(佐倉市)、県立房総のむら(栄町)、伊能忠敬記念館(香取市)、地球の丸く見える丘展望館(銚子市)

【九十九里地域】(3施設)

芝山古墳・はにわ博物館(芝山町)、航空科学博物館(芝山町)、長柄ふる里村(長柄町)

【南房総地域】(5施設)

かつうら海中公園(勝浦市)、鴨川シーワールド(鴨川市)、南房パラダイス(館山市)、マザー牧場(富津市)、東京ドイツ村(袖ケ浦市)

(2)宿泊施設調査対象(14施設)

宿泊施設については、施設名等を公表しないことを条件として調査に御協力いただきました。

【ベイエリア・東葛飾地域】(3施設)、【北総地域】(3施設)、【九十九里地域】(3施設)、【南房総地域】(5施設)

お問い合わせ

所属課室:商工労働部観光企画課観光企画室

電話番号:043-223-2415

ファックス番号:043-225-7345

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?