ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > まちづくり > 河川 > 印旛放水路(花見川)における不法占用対策について

更新日:平成30(2018)年2月7日

印旛放水路(花見川)における不法占用対策について

花見川における簡易代執行について

一級河川利根川水系印旛放水路(花見川)では、特に汐留橋から天戸大橋に至る約2キロメートルの区間において、近年、不法耕作等の事例が頻繁に報告され、対応に苦慮していました。

このため、自主撤去を原則として、指導・パトロールを強化してまいりましたが、自主撤去がなされず、また、原因者の特定にも至らなかったことから、河川法第75条第3項の規定による簡易代執行を実施し、不法占用物件の撤去等を行いました。

今後は、地域住民への注意喚起や河川パトロールの強化などと合わせ、地元市である千葉市と相談しながら、当該箇所の有効活用について検討していきます。

撤去等の実施について

担当所属及びお問い合わせ

一級河川の指定区間及び二級河川については、県土整備部の出先機関である土木事務所が管理を行っており、印旛放水路の直接の管理は、千葉土木事務所が所掌しています。

土木事務所所管区域図及び県土整備部出先機関一覧

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部河川環境課河川海岸管理室

電話番号:043-223-3132

ファックス番号:043-221-1950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?