ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年12月1日

産科医療補償制度について

お産に関連して重度脳性まひとなり、所定の要件を満たした場合に、お子様とご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、脳性まひ発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に役立つ情報を共有すること等により、産科医療の質の向上などを図ることを目的とした制度です。

この制度は2009年に創設され、公益財団法人日本医療機能評価機構により運営されています。

妊産婦の皆様へ

この制度に加入している分娩機関でお産をすると、万一の時に補償の対象となります。

加入している分娩機関の一覧は、公益財団法人日本医療機能評価機構の産科医療補償制度のホームページ外部サイトへのリンクで確認することができます。

また、加入分娩機関の院内には、産科医療補償制度のシンボルマークが掲示されていますので、受診の際の参考にしてください。

この制度に加入している分娩機関では、妊産婦の皆様に「登録証」を交付します。

交付された「登録証」は、この制度の補償対象の認定審査に必要となりますので、出産後も母子健康手帳にはさみこむなどして、満5歳の誕生日まで大切に保管してください。

産科医療補償制度のシンボルマーク

 

この制度に関する詳細な情報やお問い合わせ先について

産科医療補償制度に関する詳しい情報については、下記ホームページを御参照ください。

公益財団法人日本医療機能評価機構ホームページ外部サイトへのリンク

産科医療補償制度コールセンター0120-330-637(受付時間:午前9時から午後5時土日祝除く)

厚生労働省産科医療補償制度について外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童家庭課母子保健班

電話番号:043-223-2329

ファックス番号:043-224-4085

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?