ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年10月10日

千葉県医師修学資金貸付制度

 制度概要

千葉県では、医学を学ぶ大学生の方を対象に、将来、千葉県で医師として働いていただくことを目的とした修学資金貸付制度を実施しています。

貸付コースには、千葉大学、順天堂大学、日本医科大学、帝京大学、東邦大学の医学生を対象とした「長期支援コース(地域枠)」と、千葉大学、順天堂大学、日本医科大学、帝京大学、東邦大学、国際医療福祉大学、東京慈恵会医科大学の医学生を対象とした「長期支援コース(一般枠)」の他に、千葉県外の大学医学部に在籍している千葉県出身者を対象とした「ふるさと医師支援コース」があります。

この修学資金は、医師免許取得後に一定期間、千葉県内の医療機関に勤務していただいた場合、その返還が全額免除になります。

 長期支援コース(地域枠及び一般枠)

現在、平成30年度以降の貸付対象者向けに制度の改正を予定しています。制度内容が定まり次第、順次公表していきます。
なお、制度の改正に係る審議状況を随時公表していますので、御確認ください。→審議状況

<1>地域枠(入学選抜)
順天堂大学については、平成30年度入試より地域枠入学試験を行います。
募集要項等については、大学のホームページを御確認ください。→入学試験概要外部サイトへのリンク(大学のホームページに移動します。)

<2>地域枠(入学選抜)
千葉大学、日本医科大学、帝京大学、東邦大学の医学部に在籍する医学生を対象としています。応募にあたっては、大学の推薦書が必要となります。募集、選考等は各大学内で行なわれますので、詳しい日程等は各大学窓口にお問い合わせください。

<3>一般枠(入学選抜)
千葉大学、順天堂大学、日本医科大学、帝京大学、東邦大学、国際医療福祉大学、東京慈恵会医科大学の医学部に在籍する医学生を対象としています。応募にあたっては、大学の推薦書が必要となります。募集は各大学内で行なわれ、選考は県で行います。詳細については各大学窓口もしくは県にお問い合わせください。

【参考】平成29年度長期支援コース(地域枠及び一般枠)の募集案内(PDF:153KB)

 ふるさと医師支援コース

平成29年度の「ふるさと医師支援コース」の募集は終了しました。たくさんの御応募ありがとうございました。また、平成30年度の募集については、平成30年4月以降に募集要項等を公表する予定です。なお、平成29年度の募集情報を以下のとおり記載しておりますので、今後の参考としてください。

  • 対象者:千葉県出身者等(詳しい要件は募集要項をご覧ください。)
  • 対象学年:1年生~3年生(平成29年4月時点)
  • 貸付月額:15万円
  • 貸付定員:15名
  • 返還免除:医師免許取得後、貸付期間の1.5倍に相当する期間、知事が定める病院に勤務したとき
  • 応募期間:平成29年7月13日(木曜日)~平成29年8月4日(金曜日)【必着】
  • 応募方法:必要書類を郵送又は持参
  • 選考時期:平成29年8月下旬(お盆後を予定)
  • 選考方法:書類審査及び面接
  • 貸付者の決定:平成29年9月ごろを予定

詳しくはこちらをご覧ください。

ふるさと医師修学資金(パンフレット)(PDF:217KB)

ふるさと医師支援コース募集要項(PDF:118KB)

ふるさと医師支援コース制度詳細(PDF:178KB)

第一号様式・第二号様式・履歴書等面接カード(PDF:192KB)

記載例(PDF:298KB)

千葉県医師修学資金貸付条例・施行規則(PDF:176KB)

各コースの概要

各コース一覧

区分

長期支援コース

ふるさと医師
支援コース

集中支援コース

地域枠

一般枠

貸付対象

募集人数

千葉大:20名
順天堂大:4名
日本医科大:4名
帝京大:5名
東邦大:5名

県内大学(千葉大、国福大)順天堂大、日本医科大、帝京大、東邦大、東京慈恵会医科大 10名

15名
千葉県出身者で、県外の大学医学部に入学した者

※平成26年度より新規募集はしていません。

貸付金額

国公立大:月額15万円
私立大:月額20万円

月額15万円
(国公立大・私立大共通)

月額5万円

加算枠
(産婦人科コース)

【対象】
現在、長期支援コース又はふるさと医師支援コースの貸付を受けている者であって、将来、県内の病院又は診療所の産科医(産婦人科又は産科において医師の業務に従事する医師(分娩を取り扱う医師))として、従事しようとする大学4年生以上の医学生
【貸付枠】2名
【加算額】5万円/月
【事業期間】平成33年度まで(新規貸付は平成31年度まで)
【その他】原則、就業先は山武・長生・夷隅など産科医が不足する医療圏内とする。

 

貸付期間

正規の修学期間を経過するまでの期間

診療科

指定なし(産婦人科コースは、産科又は産婦人科)

内科、外科、産科、産婦人科、小児科、麻酔科、救急科のいずれか

返還免除

医師免許取得後、貸付期間の1.5倍の期間、知事が定める病院に勤務したとき

医師免許取得後、4年間、知事が定める病院に勤務したとき

返還の
猶予期間

医師免許取得後、最大で4年間
(出産や育児等での休暇、大学院博士課程への進学、他県での臨床研修、海外留学などが可能。)

原則なし

キャリアアップ
支援

各大学での支援のほか、「千葉県地域医療支援センター」の専任医師であるキャリアコーディネータが、医師としてのキャリア形成を支援
また、専門医の取得などが図れるよう配慮

 制度の詳細(平成29年度までの貸付決定者向け)

制度の詳細については、「医師修学資金貸付制度」のページをご覧ください。

 貸付状況

次のとおり貸付けを決定しています。

貸付状況

区分

長期支援コース

ふるさと医師
支援コース

集中支援
コース

地域枠

一般枠

平成21年度

5名

-

-

5名

平成22年度

12名

-

-

5名

平成23年度

20名

-

-

5名

平成24年度

23名

-

-

5名

平成25年度

23名

-

-

5名

平成26年度

24名

-

10名

募集なし

平成27年度

34名

-

10名

募集なし

平成28年度

36名

-

10名

募集なし

平成29年度

募集中

募集中

15名

募集なし

Q&A(平成29年度までの貸付決定者向け)

 条例・規則等

千葉県医師修学資金貸付条例施行規則の一部を改正する規則の制定について(平成28年4月1日施行)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部医療整備課医師確保・地域医療推進室

電話番号:043-223-3883

ファックス番号:043-221-7379

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?