ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年8月25日

PCB廃棄物の処理について

お知らせ

  • PCB特別措置法が一部改正(平成28年8月1日施行)され、処分期間等が変更になりました。

PCB廃棄物等の処理期限について処理の対象物処理料金など収集運搬について保管事業者及び所有事業者への対応

 PCB廃棄物等の処理期限について

一都三県(東京都、千葉県、埼玉県及び神奈川県)の高濃度PCB廃棄物を処理する東京PCB廃棄物処理施設が平成17年11月から稼動し、高濃度PCB廃棄物(変圧器、コンデンサー、PCB油)の処理が開始されました。

東京PCB処理施設は、これまで保管されていた高濃度PCB廃棄物を安全・確実に処理するため、国の「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画」に基づき、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(政府100%出資。以下「JESCO」という。)が整備し、運営するものです。

また、国の「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画」の平成26年改訂に伴い、一都三県内の高濃度PCB廃棄物のうち一部のコンデンサーについては北九州PCB廃棄物処理施設で、安定器及び汚染物等については北海道PCB処理事業所で処理することとなりました。

県内の高圧変圧器、コンデンサー、照明用安定器等のPCB廃棄物及び高濃度PCB使用製品は、表の処分期間までに処理を完了する必要があります

PCB廃棄物の保管者及び高濃度PCB使用製品の使用者の皆様には、期限内に処理していただきますようお願いします。

PCB廃棄物等の種類

処分期間
(根拠規定)

特例処分期限日
(根拠規定)

備考

高濃度PCB廃棄物及び高濃度PCB使用製品
(当該廃棄物に付着し、又は封入された物1キログラムにつき5,000ミリグラム以上のもの、PCB油の濃度が0.5パーセント以上のもの)

高圧変圧器、コンデンサー、PCB油等

平成34年3月31日まで
(PCB特別措置法施行令第6条)

平成35年3月31日
(PCB特別措置法第10条第3項)

処分期間を超える場合にはポリ塩化ビフェニル廃棄物の特例処分に係る届出が必要

高圧コンデンサーの一部で、JESCO北九州PCB処理事業所で処理するもの

平成30年3月31日まで
(PCB特別措置法施行令第6条)

平成31年3月31日
(PCB特別措置法第10条第3項)

安定器及び汚染物等(※)

平成35年3月31日まで
(PCB特別措置法施行令第6条)

平成36年3月31日
(PCB特別措置法第10条第3項)

低濃度PCB廃棄物
(高濃度PCB廃棄物を除くPCB廃棄物)

PCBに汚染された絶縁油を使用した電気機器等

平成39年3月31日まで
(PCB特別措置法施行令第7条)

※「汚染物等」とは、以下のものです。

  1. 小型電気機器(3キログラム未満)
  2. 感圧複写紙
  3. ウエス
  4. 汚泥
  5. その他の汚染物

処分期間内に廃棄されなかった高濃度PCB使用製品については、これを高濃度PCB廃棄物とみなして、PCB特別措置法及び廃棄物処理法の規定が適用されます。

PCB廃棄物の処理に関する問い合わせ先

 処理の対象物

  • 高圧変圧器類
  • 高圧コンデンサー類
  • PCB原液及びPCBを含む油
  • 照明用安定器及び小型電気部品 など

※詳細についてはJESCOのホームページ外部サイトへのリンクの<処理申込の手続>を御覧ください。

 処理料金など

高濃度PCB廃棄物の処理料金

処理料金は、処理対象物及びその重量ごとに設定されております。詳細はJESCOのホームページ外部サイトへのリンクの<処理料金などのご案内>の料金表を御覧ください。

また、中小企業者、常時使用する従業員数100人以下の法人及び個人の方は、申請されますとPCB廃棄物処理基金等から助成を受け、処理料金が軽減(中小企業者及び法人70%、個人95%)されます。

安定器及び汚染物等の特別登録・調整協力割引

特別登録期間に特別登録を申し込むと、処理料金の3%が割引されます。

既登録事業場(JESCO東京PCB処理事業場での処理を前提に既に登録を済ませた方)の特別登録期間は平成27年10月1日から平成28年3月31日までです。
既登録事業場以外の事業場の特別登録受付は今後別途実施されます。

  • 登録についての問い合わせ先
    JESCO本社機器登録窓口(電話:03-5765-1917・1935)
  • 処理の時期や契約方法の問い合わせ先
    JESCO北海道PCB処理事業所東京事務所(電話:03-5765-1197)

低濃度PCB廃棄物の処理料金

無害化処理認定施設外部サイトへのリンクにお問い合わせください。

 収集運搬について

PCB廃棄物の処理施設の搬入は、以下の二つの条件を備えた者に収集運搬の依頼を行う必要があります。

  1. 廃棄物処理法に基づく、産業廃棄物処理業の許可を持った事業者(千葉県の収集運搬許可業者)及びPCB廃棄物の無害化に係る認定を持った事業者(環境大臣による無害化処理認定事業者)
  2. 高濃度PCB廃棄物の処理に当たっては、JESCOの入門許可を持った事業者

※PCB廃棄物の収集運搬ができる業者名簿については、JESCOのホームページ外部サイトへのリンク<(参考)収集運搬について>を御覧ください。

 保管事業者及び所有事業者への対応

  • 高濃度PCB廃棄物及び高濃度PCB使用製品についてはJESCOの事前登録制度を活用した登録を行う。
    電話:03-5765-1935(機器登録窓口)
  • 低濃度PCB廃棄物については廃棄物処理法に基づく無害化認定施設外部サイトへのリンクに処理を委託する。
  • 処理が完了する翌年までは、PCB特別措置法に基づき、毎年6月30日までに前年度の状況を「PCB廃棄物等の保管及び処分状況等届出書」により千葉県、千葉市、船橋市又は柏市に提出を行う。
    届出書の提出方法及び様式のダウンロード:ポリ塩化ビフェニル廃棄物等の保管及び処分状況等の届出
  • 処理が完了するまでは、廃棄物処理法に基づく「特別管理産業廃棄物保管基準」によりPCB廃棄物の保管を行う。
    特別管理産業廃棄物の保管:産業廃棄物の適正処理について(「冊子(PDFファイル)」のV-2-(2)を参照してください。)

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部廃棄物指導課指導企画班  

電話番号:043-223-2757

ファックス番号:043-221-5789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?