ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年1月10日

鳥を飼育されている方へ

高病原性鳥インフルエンザの発生・まん延防止のために

  • 飼育している鳥類について、可能な限り、エサ箱や水飲み場に、野鳥を近づけないようにしましょう
  • 飼養場所等を定期的に消毒してください
  • 定期的な健康観察に努めましょう
  • 鳥を触った後は、必ず手を洗い、うがいをしましょう

飼育している鳥は責任を持って飼いましょう

  • 鳥を捨てると法律により罰せられることがあります

飼い鳥に異常(連続して複数の鳥が死亡するなど)があるときは、以下の対応をお願いします

  • 動物病院に相談する
  • 飼育小屋から鳥・卵・糞等を持ち出さない

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?