ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 動物・ペット > その他の動物 > ミドリガメ等のハ虫類の取扱いについて

更新日:平成29(2017)年6月28日

ミドリガメ等のハ虫類の取扱いについて

ミドリガメなどのハ虫類に触れた後は必ず十分な手洗いをしましょう!

  • カメ等のハ虫類の糞便の50~90%からサルモネラが検出されるといわれています。
  • ハ虫類に接触した手指に付いたサルモネラが口から入ることにより感染し、急性胃腸炎を発症します。小児や高齢者では菌血症等により重症化する場合があります。
  • 飼育水などには多量のサルモネラが存在する可能性がありますので、取扱いに注意し、カメ等を触った後には必ず十分に手指を石けんを用いて洗いましょう!

関連情報(感染症情報センターホームページ)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?