サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > QA(くらし・福祉・健康) > QA(くらし) > 犬(猫)を飼い始めたいのですが、どのような手続が必要ですか。

更新日:平成29(2017)年9月16日

犬(猫)を飼い始めたいのですが、どのような手続が必要ですか。

質問

犬(猫)を飼い始めたいのですが、どのような手続が必要ですか。

回答

 まず、犬の所有者は、犬を取得した日から30日以内、子犬の場合には、生後90日を経過した日から30日以内にお住まいの地域の市役所または町村役場に犬の登録を申請しなければなりません。この登録に関しては、犬の死亡、所在地の変更、犬の所有者の変更の場合にも30日以内に行わなければなりません。犬の登録申請を行うと原簿に登録され、犬の所有者に鑑札が交付されます。この鑑札は犬に着けておかなければなりません。
 次に、犬の所有者または犬を管理している者は、毎年1回狂犬病の予防注射を受けさせなければなりません。予防注射を受けた犬については、注射済票が交付されます。この注射済票も犬に着けておかなければなりません。
 猫については、特に登録申請等の手続は不要ですが、名札等を着けて所有者を明示するようにしてください。
 また、子猫の時から室内飼育するよう努めてください。
 犬や猫を飼い始める場合には、一生飼い続けることができるか、家族で十分検討してください。その本能や習性を理解して家族同様の愛情を持って飼養し、終生飼うように努めなければなりません。また、繁殖させる必要がない場合には、不妊・去勢などの繁殖制限の措置をとるように努めなければなりません。

問い合わせ先 
 衛生指導課公衆衛生獣医班 電話 043-223-2642
 動物愛護センター 電話 0476-93-5711
 動物愛護センター東葛飾支所 電話 04-7191-0050
 各健康福祉センター(保健所)生活衛生課又は健康生活支援課

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?