ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 動物・ペット > 犬・ねこ > 犬・猫の多頭飼養の届出について

更新日:平成27(2015)年3月13日

犬・猫の多頭飼養の届出について

趣旨

たくさんの犬や猫を飼育し、数が増えてしまった結果、経済的な理由や食事等の世話が追いつかなくなるなどの理由により、鳴き声や悪臭等による近隣住民への問題が発生し、ついには飼養継続不能に陥ることがあります。

このような事態を未然に防ぐため、「千葉県動物の愛護及び管理に関する条例」では、犬又は猫の多頭飼養の届出制度を設けることにより、適切な飼養方法や不妊去勢措置等の指導やアドバイスなどを行うこととしています。

県の動物愛護管理行政に御理解と御協力をお願いいたします。

根拠

千葉県動物の愛護及び管理に関する条例第14条

千葉県動物の愛護及び管理に関する条例施行規則第2条、第3条

対象

県内(千葉市、船橋市及び柏市を除く。)で犬・猫(生後91日未満のものを除く。)を合計で10頭以上飼養する者

届出の期限

届出の対象となった日から30日以内

届出の適用除外

第一種動物取扱業者がその登録に係る飼養施設において犬又は猫を業として飼養し、又は保管する場合

第二種動物取扱業者がその届出に係る飼養施設において犬又は猫を業として飼養し、又は保管する場合

化製場等に関する法律外部サイトへのリンク第9条第1項の規定による許可を受けた者がその許可に係る施設において犬を飼養し、又は保管する場合

獣医療法外部サイトへのリンク第2条第2項に規定する診療施設において獣医師が診療のために犬又は猫を飼養し、又は保管する場合

身体障害者補助犬法外部サイトへのリンク第3条第1項に規定する訓練事業者が、身体障害者補助犬を育成する目的で犬を飼養し、又は保管する場合

動物の愛護及び管理に関する法律施行規則外部サイトへのリンク第10条の5第3項各号に掲げる場合において、犬又は猫を飼養し、又は保管する場合

届出の方法

新たに届出をする場合

犬又は猫の多頭飼養届出書(第1号様式)を飼養施設を管轄する健康福祉センター(保健所)の窓口へ直接提出してください。

必要に応じて現地確認や飼養方法等に関するアドバイス等を行います。

犬又は猫の多頭飼養届出書(第1号様式)(ワード:39KB)

犬又は猫の多頭飼養届出書(第1号様式)(PDF:59KB)

届出した内容を変更する場合

犬又は猫の多頭飼養変更届出書(第2号様式)を健康福祉センター(保健所)の窓口へ直接提出又は郵送してください。

必要に応じて現地確認や飼養方法等に関するアドバイス等を行います。

犬又は猫の多頭飼養変更届出書(第2号様式)(ワード:35KB)

犬又は猫の多頭飼養変更届出書(第2号様式)(PDF:45KB)

変更の届出

以下の場合に、変更届が必要となります。

  • 届出者の氏名若しくは名称(代表者の氏名)又は住所の変更
  • 犬又は猫の数が30%以上増加したとき
  • 犬又は猫の数が10未満となったとき
  • 飼養又は保管の方法(施設の規模・構造、雌雄の分離、ふん尿等・動物死体の処理方法)の変更

罰則

届出をしない場合や虚偽の届出をした場合は、5万円以下の過料

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?