ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > くらし > 食生活 > 食の安全・安心 > BSE(牛海綿状脳症)に関する情報

更新日:平成29(2017)年6月2日

BSE(牛海綿状脳症)に関する情報

と畜場における健康牛のBSE検査の廃止について

平成13年9月に国内で初のBSE感染牛が確認され、同年10月から全国一斉にBSE検査が始まりました。

その後、最新の知見に基づき、段階的にBSE対策の見直しが行われてきましたが、国内の対策を開始してから15年以上が経過し、国内外のリスクが大きく低下したこと、平成28年8月に内閣府食品安全員会が「食用にと畜される48か月齢超の健康牛のBSE検査について、現行基準を継続した場合と廃止した場合のリスクの差は非常に小さく、ヒトへの健康影響は無視できる。」とのリスク評価結果を示したことから、厚生労働省は、平成29年2月13日付けで厚生労働省関係牛海綿状脳症対策特別措置法施行規則を改正し、平成29年4月1日から健康牛のBSE検査を廃止することとしました。

千葉県においても、これらの状況を踏まえ、平成29年4月1日から健康牛のBSE検査を廃止しました。

なお、24か月齢以上の牛のうち、原因不明の神経症状又は全身症状を呈する牛のBSE検査や特定危険部位(SRM)の除去については、引き続き実施します。

 

【関連情報】

(1)牛海綿状脳症(BSE)について(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンク

(2)BSEに関する情報(内閣府食品安全委員会ホームページ)外部サイトへのリンク

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部衛生指導課公衆衛生獣医班

電話番号:043-223-2642

ファックス番号:043-227-2713

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?