ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 広報 > 子どものページ > 高滝ダムキッズページ

更新日:平成27(2015)年10月9日

高滝ダムキッズページ

キッズページ 高滝ダムの説明

このページは、高滝(たかたき)ダムについて、子供(こども)向(む)けに簡単(かんたん)に説明(せつめい)しているページです。

上空から見た高滝ダム

ダムってなあに?

  • 水をためる大きな入れものです。
    川などをせき止(と)めてつくります。
  • 千葉県内(ちばけんない)にダムは全部(ぜんぶ)で38箇所(かしょ)あります。
    それぞれに目的(もくてき)があります

高滝ダムってどこにあるの?

  • 高滝ダムの位置養老川(ようろうがわ)の中流部(ちゅうりゅうぶ)、市原市養老(いちはらしようろう)というところにあります。
    養老川のほぼ中央(ちゅうおう)、河口(かこう)から約(やく)31km。

高滝(たかたき)ダムがある養老川ってどんな川なの?

  • 大多喜町(おおたきまち)から始(はじ)まって市原市内(いちはらしない)をとおり東京湾(とうきょうわん)へ流(なが)れるとても大きな川です。
    長さ75km、流域面積(*1)(りゅういきめんせき)245.9平方(へいほう)メートル。
  • 川の上流(じょうりゅう)のほうはとっても雨が多い地帯(ちたい)です。
    年平均雨量(*2)(ねんへいきんうりょう)は2,000mmにも達(たっ)します。
  • 急流河川(*3)(きゅうりゅうかせん)である。
    日本の川の特徴(とくちょう)ともいえます

川の比較図

(*1)その川に対して、降った雨が流れ込(こ)む範囲の面積のこと。川が流れている面積ではありません。
(*2)むかしから雨が降る量を調べていて、1年にどれぐらいの雨が降るかを表(あらわ)した量。
(*3)上のグラフのように、川の長さが短(みじか)く、川の上流(じょうりゅう)と河口(かこう)との高さの差(さ)が大きい川のこと。流れが速(はや)い川になります。

ページの先頭へ戻る

高滝ダムって大きいの?

  • ダム本体(ほんたい)の大きさは、高(たか)さ24.5m、長さ379mです。

高滝ダムの大きさ

  • 水を貯(た)めている面積(めんせき)は1.99平方キロメートルで、千葉県(ちばけん)で一番(いちばん)広いダムです。
    これは、東京(とうきょう)ドーム約(やく)43個分(こぶん)、ディズニーランド約4個分の広さです。

面積を東京ドームと比較

  • 水を貯めている量(りょう)は、1,250万(まん)立方(りっぽう)メートルもあり、千葉県では二番目(にばんめ)に大きなダムです。
    これは、東京ドーム約10杯分(ぱいぶん)、小学校(しょうがっこう)の25mプール約4万杯分もの水が貯められていることになります。

体積を東京ドームと比較

  • 水深(すいしん)は、現在(げんざい)、最(もっと)も深いところで約12mあります。
    これは、ビル4階分(かいぶん)にもなります。

どうして高滝ダムがいるの?

  • 一つは、洪水(こうずい)による被害(ひがい)を少なするためです。
    昔(むかし)から大雨により川があふれてしまうことが多(おお)く、川沿(ぞ)いに住(す)む人たちはたくさんの被害を受(う)けていました。ダムによって大雨による洪水を調節(ちょうせつ)することで、この被害を軽(かる)くします。
  • 一つは、川をきれいに保(たも)ち、農業(のうぎょう)などに川の水を安定(あんてい)して使(つか)えるように、水の量を調節して流(なが)すためです。
    昔からたび重(かさ)なる渇水(かっすい)に悩(なや)まされていたことや、養老川(ようろうがわ)は農業用などに川の水がたくさん利用(りよう)されていることから安定した川の流れが必要(ひつよう)になります。
  • 一つは、水道用水(すいどうようすい)としてダム貯水池(ちょすいち)に貯(た)めた水を利用するためです。
    京葉工業地帯(けいようこうぎょうちたい)の発展(はってん)とともに市原市(いちはらし)の人口(じんこう)が急激(きゅうげき)に増(ふ)えたことから生活用水(せいかつようすい)を確保(かくほ)する必要がありました。

このことから、3つの目的(もくてき)をもつ高滝(たかたき)ダムは、昭和(しょうわ)45年(ねん)に計画(けいかく)され、平成(へいせい)2年に完成(かんせい)しました。

ページの先頭へ戻る

高滝ダムはどんなことをしてるの?

高滝ダムの目的を果(は)たすために、主(おも)に次(つぎ)のようなことを行(おこ)なっています。

  • 安全管理(あんぜんかんり)
    ダム本体(ほんたい)やその基礎(きそ)の安全を確認(かくにん)しています
  • 流水管理(りゅうすいかんり)
    普段(ふだん)は川の水量(すいりょう)を保(たも)つため調節してダムから水を流がしています。大雨のときなどはダムのゲートを動(うご)かして、洪水被害を少なくして人々(ひとびと)の安全な暮(く)らしを守(まも)っています。
  • 貯水池管理(ちょすいちかんり)
    水質(すいしつ)を管理したり、ダム貯水池内(ちょすいちない)に流れてきた流木(りゅうぼく)やゴミの処理(しょり)をしたり、他(ほか)にもいろいろな管理をしています。
  • 情報管理(じょうほうかんり)
    雨量(うりょう)や水位(すいい)などの情報を管理しています。
  • 施設管理(しせつかんり)
    電気設備(でんきせつび)や機械設備(きかいせつび)などが、いつも正常(せいじょう)に動くように点検(てんけん)・整備(せいび)をしています。

高滝ダムからのおねがい

  • 川をきれいにしましょう。
    たくさんの人々の協力(きょうりょく)によって、できたダムです。ゴミなどで汚(よご)さないようにしましょう。
  • 危(あぶ)ないところへは入らないようにしましょう。
    危険(きけん)な場所(ばしょ)、入ってはいけないところへは入らないようにしましょう。また、釣(つ)りやボート遊(あそ)びなどは大人の人と一緒(いっしょ)に遊ぶようにしましょう。
  • 雨のときは川へ近かづかないようにしましょう。
    大雨のときは、川の水が増(ふ)えて危険です。また、ダムからの放流(ほうりゅう)もあるので、川へ近ちかづかないようにしましょう。

立入禁止看板1立入禁止看板2

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部高滝ダム管理事務所管理課

電話番号:0436-98-1411

ファックス番号:0436-98-1414

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?