ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年8月12日

ページ番号:16554

木更津港改修事業

概要

改修事業

工事箇所:木更津港吾妻地区

吾妻地区は木更津地区から約700mの好立地に位置していることから、駅前地区の活性化を図るための拠点地区となることが期待されており、改修事業として交流厚生用地や物揚場を整備していく。

交流厚生用地や物揚場を整備するに当たり、予定地に係留している船舶を移設するため、桟橋6基を新たに整備する。

平成30年度に1基目桟橋が完成したため、令和元年度から2基目の桟橋に着手し、令和3年度は、桟橋の上部工を実施する。

全体計画(平成27年度から令和9年度)

  • 事業費…8億5,000万円
  • 道路…L=130m
  • 物揚場…L=90m
  • 係留施設…N=6基
港湾改修事業の進捗状況
令和2年度まで実施 令和3年度計画
事業費:2億1,109万円 事業費:9,700万円
進捗率:25% 進捗率:36%

改修(統合補助)事業

工事個所:木更津港木更津南部地区

施設の老朽化により利用効率の低下した既存施設を、その利用ニーズに対応した適切な改良を加え有効活用を図る。既存岸壁の防舷材が破損しているため、平成20年度より岸壁改良工事に着手している。

全体計画(平成20年度から令和3年度)

  • 事業費…2億6,125万円
  • 岸壁(-7.5m)改良…L=260m
  • 岸壁(-5.5m)改良…L=360m
  • 岸壁(-4.5m)改良…L=288m
  • 岸壁(-4.0m)改良…L=360m
改修(統合補助)事業の進捗状況
令和2年度まで実施 令和3年度計画
事業費:1億9,128万円 事業費:450万円
進捗率:73%

進捗率:75%

港湾改修事業

工事箇所:木更津港南部地区

昭和51年に架設された2号道路第2橋梁は、木更津港の物流を支える重要な臨港交通施設として機能している。近い将来に発生が懸念される巨大地震に備え、物流機能を維持するための耐震化及び補修工事を実施することとしており、令和元年度は橋面の耐震補修が完了し、令和3年度は上部工の耐震補修を実施する。

全体計画(平成30年度から令和5年度)

  • 事業費…18億9,000万円
  • 橋梁補修…L=147.8m
  • 橋梁耐震…1式
港湾改修事業の進捗状況
令和2年度まで実施 令和3年度計画
事業費:8億1,948千円 事業費:2億5,660万円
進捗率:43%

進捗率:57%

計画平面図

お問い合わせ

所属課室:県土整備部木更津港湾事務所建設課

電話番号:0438-25-5141

ファックス番号:0438-25-6325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?