ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年4月13日

所管事業|長生土木事務所

長生土木事務所が実施する事業

道路事業について

国土交通省により東京湾アクアラインと一体となって首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の整備が進められ、平成25年4月27日に東金JCTから木更津東IC間42.9kmが開通いたしました。

この圏央道が当管内の長南町から長柄町、茂原市を通って東金市に至るものであることから、県はもとより管内市町村では、これを契機とした各種プロジェクトの推進や地域経済の振興に、大きな期待を寄せているところです。

(1)圏央道に関連する事業

ア.長生グリーンライン

圏央道と茂原長南インターチェンジで接続する地域高規格道路茂原一宮道路(長生グリーンライン)は、長南町から茂原市間の約7kmについて平成11年12月に国より「整備区間」の指定を受け、これまで、長南町区間の用地取得及び工事を進め、圏央道の開通に合わせ、国道409号千田交差点からインターチェンジまでの約0.7kmを供用したところです。今後も段階的な供用を目指して整備を進めてまいります。

イ.五井本納線バイパス

圏央道の茂原北インターチェンジの取付道路として整備を進めておりました五井本納線の新治バイパスについては、圏央道の開通に先立ち、平成25年2月に供用をいたしました。

(2)他の事業

他の事業として路線10箇所で道路改良事業を実施中であり、長柄大多喜線佐坪地先外5箇所で交通安全対策として歩道等の整備を進めております。また、茂原大多喜線長南町給田地先外3箇所で交差点の改良にも取り組んでいます。

河川事業について

度重なる被害を防止するため二級河川一宮川と二級河川南白亀川水系の赤目川において重点的に整備を進めています。

(1)一宮川水系一宮川

一宮川については、二度にわたる大水害により河川激甚災害対策特別緊急事業が採択され、これにより調節池の整備や河道の掘削等を進め、浸水被害の軽減が図られることとなりました。

更に治水安全度の向上を図るため、瑞沢川との合流部から下流部区間について、や河川基盤整備事業(広域河川改修事業)により河川の拡幅を推進しており、ネック部となっていた一宮橋は平成21年6月上旬に完成し、また旧松潟堰についても平成22年5月に撤去されたことから、安全度の大幅な向上が図られております。

また、支川の鶴枝川・瑞沢川・長楽寺川等において、県単河川改良事業により護岸の整備を進めます。

(2)南白亀川水系赤目川

赤目川については、かつて上流部のJR本納駅周辺での冠水によりJR外房線が不通となり、利用者等に多大な影響を及ぼしてきましたが、現在、住宅支援河川事業や河川基盤整備事業により、調節池の整備や河川の拡幅、これに伴う堰、樋管、橋梁等の工事を進めています。

今年度は、昨年度に続き、赤目川中流部の用地取得を推進するとともに、宣場橋架替、河川拡幅工事などを行い、事業の進渉に努めます。

海岸事業について

九十九里浜の南端に位置する一宮海岸で漂砂供給量の減少等により海岸線が後退してきたことから、近年、海岸侵食対策事業によりヘッドランド(人工岬)の建設を進めており、これまでに10基の縦堤を整備し、併せて横提の整備を進めております。

引き続き、事業の進捗を図り、砂浜の後退防止に努めることとしています。

また、豊かな砂浜を取り戻すため「九十九里浜養浜計画」により直接海岸線に砂を供給する事業にも取り組んでおります。

公園事業について

茂原市真名外地先に「人間・スポーツ・環境」をテーマとした県立都市公園「長生の森公園」の整備を進めています。

平成13年度に野球場が完成したことから、平成14年7月に「長生の森公園」として部分的にオープンしましたが、その後、テニスコート、ゲートボール場、駐車場など、平成16年度までに第1期区域の施設が概成し、多くの県民に利用されています。

引き続き、第2期区域の整備に必要な造成工事を進めます。

工業団地事業について

平成14年度から新規の工業団地の整備を凍結したため、企業ニーズに合った工業団地が減少してきました。

このため、平成22年に策定した千葉県総合計画及び行政改革計画・財政健全化計画において、「企業ニーズ及び市町村の意向を踏まえ、県、県関係機関及び市町村等が保有する土地を活用して、事業採算性を考慮した新たな工業団地整備を市町村と共同して行う」こととしました。

平成22年11月、外部有識者で構成される工業団地整備検討委員会を設置し、委員会での検討を踏まえ、平成24年3月に、誘致推進本部において「茂原にいはる工業団地」の整備を決定し、平成30年3月に完成しました。

 長生土木事務所が所管する施設の概要

長生土木事務所は、千葉県長生郡市7市町村内の道路・河川・海岸・急傾斜地崩壊危険区域・自然公園区域等を所管しています。

道路

  • 一般国道(2路線)、37,247メートル
  • 主要地方道(9路線)、84,692メートル
  • 一般県道(14路線)、107,947メートル
  • 自転車道(2路線)、32,728メートル
  • 計(27路線)、262,614メートル

河川

  • 二級河川(15河川)、119,414メートル

海岸

  • 3海岸、15,962メートル

急傾斜地崩壊危険区域

  • 10地区、108,874.3平方メートル

自然公園区域

  • 2公園、2,841ヘクタール

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:県土整備部長生土木事務所調整課

電話番号:0475-26-3703

ファックス番号:0475-24-3343

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?