ここから本文です。

更新日:平成31(2019)年2月20日

ページ番号:7941

堆肥のクオリティーチャート作成システムの使い方

1.入力・設定

各ワークシートにおいては、水色のセルには直接キーボードから数字または文字が入力できます。また、黄緑色及び青色のボタン(コマンドボタン、オプションボタン)をクリックすると、ワークシートの切り替え、印刷、設定等ができます。

2.印刷

青色の印刷コマンドボタンをクリックすると印刷プレビュー画面が表示されます。使用するプリンターにより詳細を設定して印刷します。なお、通常の印刷命令を使えば自由な範囲を印刷できます。

堆肥のクオリティチャートの作成方法

  1. ワークシート「QC」を画面に表示させます。
  2. 個々の堆肥の成分含有率等を水色のセルに入力します。注1,2,3)

 

クオリティチャート画面

クオリティーチャート画面

(GIF:48KB)

クオリティーチャート画面PDF版(PDF:142KB)

 

  • 注1)成分含有率は現物当たりの含有率(現物値)で入力する。成分含有率は肥料取締法の表示の仕方では、○○全量○○%と示される(例窒素全量2.5%)。
  • 注2)堆肥のクオリティーチャートを作成するためには、水分、窒素全量、りん酸全量、加里全量、石灰全量、苦土全量、C/N比、EC(電気伝導度現物:水=1時10分)の8項目のデータが必要である。
  • 注3)堆肥データ参照ボタンをクリックすると、リストボックスが表示され、登録されている堆肥データが選択できる。
  • 堆肥のデータはワークシート「堆肥データ」に登録できる。

 

お問い合わせ

所属課室:農林水産部畜産課環境飼料班

電話番号:043-223-2943

ファックス番号:043-222-3098

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?