サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月6日

No.3 歴史 通史編:中世

(A5判1,300頁5,500円)

源頼朝が武家政権樹立に動き出した1180(治承4)年から、1590(天正18)年の豊臣秀吉による小田原合戦までの房総の歴史を3編にわけて記述しました。
第一編は鎌倉時代、第二編は南北朝・室町時代、第三編は戦国時代というように時代で区分をしています。

鎌倉幕府の成立に重要な役割を果たした千葉氏などの房総武士団、村単位でまとまりを示すようになった農民、江戸湾の物流と湊町をめぐる争い、戦国大名に成長した里見氏など、それぞれ地域の特性を踏まえながら、中世の房総の歴史を明らかにしています。

主目次

  • 序章中世の房総

第一編鎌倉時代の房総

  • 第1章鎌倉幕府の成立と房総武士団
  • 第2章房総における中世的世界
  • 第3章得宗専制下の房総
  • 第4章房総における鎌倉文化

第二編南北朝・室町時代の房総

  • 第1章南北朝の動乱と房総
  • 第2章町時代の房総社会
  • 第3章室町期房総の郷村と地域社会
  • 第4章房総をめぐる流通と宗教

第三編戦国時代の房総

  • 第1章房総の戦乱と古河公方の支配
  • 第2章房総における国衆の展開
  • 第3章戦国大名里見氏の時代
  • 第4章戦国時代の地域社会
  • 第5章戦国時代の宗教と文化
  • 第6章小田原合戦と房総

利根川より関宿を望む

利根川より関宿を望む

白浜城(南房総市)を望む

白浜城(南房総市)を望む

写真の無断使用を禁じます。

前の巻次の巻県史のリスト

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部文書館管理課

電話番号:043-227-7555

ファックス番号:043-227-7550

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?