ここから本文です。

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 歴史・文化 > 文化振興事業 > 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」バンドオーディション等の実施について

報道発表案件

更新日:令和4(2022)年9月12日

ページ番号:510996

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」バンドオーディション等の実施について

発表日:令和4年4月28日
(令和4年6月3日更新)
環境生活部スポーツ・文化局文化振興課

国内最大の夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」が今年から本県の千葉市蘇我スポーツ公園で開催されます。
そこで、本イベントが県内の音楽文化の振興に寄与するものとなるよう、本県の若者が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」にオープニングアクトとして出演できるオーディションやバックヤードツアーを主催者と協力して実施します。

目的

本県における国内最大の音楽フェスの開催を好機として、次世代を担う若者が音楽文化に取り組むとともに、参加し発表できる機会を提供することにより、県内の音楽文化の振興を図ります。

実施方法

千葉県と主催者の株式会社サンライズプロモーション東京で協定を締結し、実施します。

主催

  • 千葉県
  • 株式会社サンライズプロモーション東京

協力

  • 株式会社ロッキング・オン・ジャパン

オープニングアクトバンドオーディション「ROAD TO ROCK IN JAPAN FES. CHIBA 2022」

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」のオープニングアクトとしての出演権を懸けたオーディションを実施します。

開催地千葉県を愛する若いバンド、アーティストを広く募集します。

※オープニングアクトとは、イベントの前座のことで、プログラムの1番最初に行われます。

オーディションは終了しました。

たくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました。

オープニングアクト出演者

審査の結果、以下の3組が「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」のオープニングアクト出演者に決定しました。

オープニングアクト出演後に各バンドの皆さんから感想等を伺いました。

Drive Boy(令和4年8月7日(日曜日)出演)

 Drive Boy

質問1:今日のステージに上がった感想はいかがでしたか。

 ステージに上がるまでどうなるかと思っていましたが、自分の想像してた何倍も圧巻な景色でした。
 誰かにやってと言われた訳でもなく、自分たちの好きなままに活動してきた結果、沢山の方に感謝することができ、そして今日のチャンスをいただけました。色んな人が聴いて躍ってくれて、こんなに嬉しい日はないです。
 今日は今日で良い思い出ですが、これがスタートでここからDrive Boyをより知ってもらえたらいいなと思っています。
 同日出演のアーティストの中ではMAN WITH A MISSIONは、過去に対バンさせてもらった経緯があり、自分たちなりの1つの成果として久しぶりに再会できたのはすごいグッと来るものがあり、嬉しかったです。
 3年ぶりのロッキンでお客さんも楽しそうでした。

質問2:オーディションに参加された感想をお聞かせください。

 参加して本当にすごい良かったです。感謝してもしきれないです。

質問3:今後の予定は決まっていますか。

 このオーディションで注目してもらった結果、色んな所から声をかけてもらって、出演する機会をいただいたライブもあるので、オーディションが次につながるものになっていると思います。

質問4:オープニングアクトをご覧になった方や県民の皆様にメッセージをお願いします。

 ロッキンでのライブを観てくれた方ありがとうございました!素敵な空間をご一緒できて嬉しかったです。そして、千葉県民の方もいつもありがとうございます!ぜひライブハウスでもお待ちしております。
 サブスクやSNSもチェックしてもらえたら嬉しいです。
 これからのDrive Boyをぜひ楽しみにしててください!

カタルカルタ(令和4年8月12日(金曜日)出演)

 カタルカルタ

質問1:今日のステージに上がった感想はいかがでしたか。

 直前までは緊張しましたが、ステージが始まって手を挙げているお客さんの姿が見えた瞬間から先は一瞬でした。

質問2:5月に出演されたJAPAN JAMのオープニングアクトと比べて観客はどうでしたか。

 お客さんの数の多さにびっくりしました。遠くの方でも笑っていたり、手を挙げているお客さんもいて嬉しかったです。

質問3:このオーディションに参加された感想をお聞かせください。

 5月に開催された「JAPAN JAM 2022」のオープニングアクト出演者を決めるオーディションが初めてのオーディションで、「ROAD TO ROCK IN JAPAN FES.CHIBA 2022」は2回目のオーディションでした。
 過去に別のバンドがオーディションのライブ審査に出場する様子を見たことはありましたが、自分たちが参加するライブ審査は「ROAD TO ROCK IN JAPAN FES.CHIBA 2022」の最終公開オーディションが初めてでした。本番の演奏は緊張で本来のポテンシャルが出せず、落選したと思っていたら合格者として名前を呼ばれ、驚きを隠せませんでした。
 カタルカルタとしては新編成で初めてのライブで、サポートメンバーのドラムがいなかったら、ここまでやれなかったので感謝しています。

質問4:オープニングアクトをご覧になった方や県民の皆様にメッセージをお願いします。

 初めて見ていただいた方も改めて見ていただいた方もいらっしゃるかと思いますが、いつかロッキング・オン・ジャパン主催のイベントでいつかメインアクトのトリを飾るバンドになりますので、今後ともお見知りおきいただけたら幸いです。

レトロリロン(令和4年8月13日(土曜日)出演予定)

 レトロリロン

※レトロリロンは悪天候の影響で出演予定日の公演が中止となったため、出演取りやめとなりました。

エントリー資格

以下の条件を全て満たしていることが必要です。

  • メンバーのうち、1名以上が千葉県内に在住・在学・在勤していること。
  • メンバーの平均年齢が20代までであること。
  • 原則、プロダクションや事務所、レーベルに所属しておらずこの企画の応募に支障がないこと。
  • 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」の開催日のうち、主催者が指定する日程に必ず出演できること。また、出演にあたり制限や契約上の制約がないこと。

スケジュール

  • 令和4年4月28日(木曜日)から5月19日(木曜日)まで
    1次審査(資格・音源審査)エントリー期間
  • 令和4年6月10日(金曜日)
    1次審査結果発表
  • 令和4年6月10日(金曜日)から6月26日(日曜日)まで
    2次審査(映像審査)エントリー期間
  • 令和4年7月6日(水曜日)
    2次審査結果発表
  • 令和4年7月18日(月曜日)
    最終公開オーディション(県立青葉の森公園芸術文化ホール)
    ※観覧は無料で事前応募制です。

バックヤードツアー

音楽フェスを裏で支える仕事を体感し、興味を持つきっかけとするため、県内に在住又は在学の高校生に「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022」の会場や舞台裏を見学する機会を提供します。

※参加者の募集は終了しました。

日程

令和4年8月9日(火曜日)午前・午後各1回

※所要時間は90分程度を予定しています。
 集合時間等の詳細は、参加者に直接お知らせします。

会場

千葉市蘇我スポーツ公園

募集定員

各回20名(応募多数の場合は抽選)

応募資格

県内に在住又は在学の高校生であること。

応募受付期間

令和4年6月5日(日曜日)午前9時から6月30日(木曜日)午後5時まで

※応募多数で抽選となった場合、抽選結果は7月8日(金曜日)頃にメールによりお知らせします。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部文化振興課文化振興班

電話番号:043-223-2406

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?