ここから本文です。

報道発表資料

更新日:平成29(2017)年9月21日

(平成23年12月)県内農地土壌の放射性物質の測定結果(速報値)について

発表日:平成24年1月30日

農林水産部安全農業推進課
電話:043-223-3080

千葉県では、農林水産省と連携して、県内農地土壌の放射性物質の測定調査を実施し、すでに平成23年8月30日に農林水産省から公表されているところです。今回、これをさらに精緻化するため103地点の調査を実施したところであり、その速報値が判明しましたので、お知らせします。
県内農地土壌の放射性セシウム濃度は、前回と同じレベルとなっています。
なお、この調査結果は、農林水産省において3月を目途に農地土壌の放射性物質濃度分布図として公表される予定です。

1調査の概要

  1. 調査地点県内農地土壌103地点(水田、普通畑など)
  2. 採取時期平成23年12月8日~12月21日
  3. 調査結果県内農地土壌の放射性物質の測定結果(速報値)(PDF:87KB)参照
  4. 調査方法市町村の協力を得て県が調査ほ場の選定を行い、農林水産省が土壌を採取し、ゲルマニウム半導体検出器により測定。

表県内農地土壌における放射性セシウム濃度の分布状況

放射性セシウム濃度

(Bq/kg)

調査地点

100以下

34

101-200

27

201-300

17

301-400

10

401-500

4

501-600

5

601-700

3

701-800

3

2今後の予定

平成24年1月23日に千葉県農林水産部担い手支援課で報道発表した「玄米への放射性セシウム吸収を抑制するための技術について」に基づき、今後の稲作指導などに活用していく。
玄米への放射性セシウム吸収を抑制するための技術について(PDF:127KB)参照)。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課肥料・農薬班

電話番号:043-223-2888

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?