ここから本文です。

ホーム > くらし・福祉・健康 > 健康・医療 > 薬物・毒劇物 > 危険ドラッグ > 危険ドラッグは持たない!買わない!使わない!

更新日:平成26(2014)年11月6日

危険ドラッグは持たない!買わない!使わない!

emo spica heaven platinum 脱法ハーブ中身

合法ハーブ等と称して販売される薬物、「危険ドラッグ」を吸引し、呼吸困難を起こしたり、死亡したりする事件が、全国各地で発生しています。

特に、若者への急激な広がりが重大な社会問題になっている中、覚醒剤などと同様に売る側だけでなく、使用・所持する側も取り締まれるよう薬事法が改正されています。

危険ドラッグは体にも心にも障害を残す危険な薬物です。絶対に購入・使用等しないでください!!

 

※脱法という言葉が安易な使用を招いているとして、平成26年7月22日から「脱法ドラッグ」に代わる新たな呼称として「危険ドラッグ」が採用されました。

 

 薬物乱用防止に関する情報(厚生労働省ホームページ)外部サイトへのリンク

千葉県では危険ドラッグを販売する事業者や健康被害発生状況の把握に努めています。

危険ドラッグを売っている店を見つけたら・・・

危険ドラッグにより健康被害が生じたら・・・

千葉県健康福祉部薬務課麻薬指導班までご連絡をお願いします。

TEL:043-223-2620

危険ドラッグとは・・・

危険ドラッグは、快感などを得ることを目的に販売される製品を指し、店舗やインターネットサイトで、『合法ハーブ』、『アロマ』、『お香』、『バスソルト』、『フレグランスパウダー』などとあたかも『安全』なもののように偽って販売されています。

これらの製品は乾燥植物片、液体、粉末等に化学物質を混ぜたもので、中には麻薬等の違法成分がまぜられていることもあります。また、複数の化学物質が混ぜられていることもあり、販売者側も含有成分を把握しないまま販売している実態があります。

危険ドラッグの所持・使用は犯罪です!

麻薬や覚醒剤などの薬物は、輸入や製造・販売だけでなく、所持・使用などが法律で厳しく規制されています。

薬事法で指定する「指定薬物」が含まれる危険ドラッグは、輸入や製造・販売だけが取り締まりの対象でしたが、薬事法の改正により、平成26年4月1日からは所持・使用・購入・他人からの譲り受けまでが厳しく罰せられることになりました。

違反した場合は、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金等に処されることがあります。

危険ドラッグの危険性は・・・・・

乱用者の健康被害の発生にとどまらず、乱用による死亡事故を招くこともある危険なものです。また、麻薬・覚せい剤などの乱用の契機(ゲートウェイドラッグ)となることも懸念され、さらには犯罪等へ悪用され、社会全体に影響を及ぼす恐れがあります。

参考

千葉県内の薬物乱用による検挙者数(麻薬特例法により検挙者を含む)

年次

区分

21年

22年

23年

24年

25年

麻薬関係

覚せい剤取締法

648

656

679

645

565

大麻取締法

113

80

65

85

47

麻薬及び向精神薬取締法

20

21

11

11

10

あへん法

2

1

0

1

1

小計

783

758

755

743

623

毒物及び劇物取締法

25

22

12

9

10

総数

808

780

767

751

633

健康被害例

健康被害(1)
平成24年4月、脱法ハーブと見られる植物片を吸引した男性が、吸引後、嘔吐するなどして意識を失い、病院に搬送されたが、死亡が確認された。

健康被害(2)
平成24年5月、女子学生2人が脱法ハーブを吸引した後、相次いで体調不良を訴え、病院に搬送された。

危険ドラッグの種類は・・・・

形状

販売名


試薬系

フォクシー(麻薬指定済)・ミプティーなど

試薬系画像

植物・お香系

匠改、88 ~Eighty Eight~、HEAVEN Platnum 7th、BLACK by LIBIDO、EMO SPICA 7thなど

ハーブ系画像

芳香剤・アロマ系

Cherry Roseなど

リキッド系画像 リキッド系画像(中身)

フレグランスパウダー Laughing nose 13など パウダー外袋 パウダー中身

クリーナー系

RUSH・RAVE・SEXRINEなど

クリーナー系画像

これらの薬物以外についても、危険なものが流通していることが予想され、また販売名については、現在は同じ販売名でも内容成分を変更している可能性があります。

なお、東京都では「東京都薬物の濫用防止に関する条例」によって知事指定薬物は、製造・販売及び使用が規制されています。
東京都の規制については東京都福祉保健局健康安全室薬事監視課ホームページ外部サイトへのリンクをご覧ください。

薬物乱用についての相談は下記にご連絡ください。

千葉県庁薬務課043-223-2620

千葉県警少年センターヤング・テレホン0120-783497

千葉県精神保健福祉センター(相談専用)043-263-3893

お近くの健康福祉センター(保健所)・警察・交番・駐在所

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部薬務課麻薬指導班

電話番号:043-223-2620

ファックス番号:043-227-5393

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?