ここから本文です。

更新日:平成30(2018)年2月1日

ごあいさつ|県立鶴舞看護専門学校

本校の前身は、隣接する県立鶴舞病院(当時)の附属の学校で、昭和42年に開校した県立鶴舞病院附属准看護学院です。地域の皆様には、「学院」の名称で親しまれ、今でも附属の学校と間違われるくらいです。

現在の看護師養成3年課程の学校は、平成7年4月に開設され、創立20周年を過ぎました。卒業生は、ほとんどの方が県内の医療機関や施設等に勤務しており、看護職者としてそれぞれの場で勤務しています。また、臨床指導者、認定看護師、看護管理者となり、リーダーとして活躍している方もたくさんいます。

本校の教育の理念は、「人間の生命・人権を尊び人々の多様な価値観を認識し、専門職業人として生涯にわたって成長する力を養い、人間性豊かな看護師の育成を目指す」ことにあります。近年の医療界は、日進月歩であり、また、高度化、専門分化も進んでいます。社会の情勢に合わせ、地域包括支援の仕組み作りも進む中、看護職の活躍の場はさらなる広がりを見せています。

本校では、県立の看護師養成校として、時代のニーズに合わせた高い看護実践能力を有し、現場の要請に応えられる看護師基礎教育に取り組んでいます。概要と致しましては、倫理観、科学的根拠に基づき看護実践するための基礎的能力、コミュニケーション能力、主体的に学習し生涯継続する姿勢の育成を柱に教育内容を組み立てています。主体的に学習するということは、見て、聞いて、感じて、考えて、看護を実践する。そして、自身の実践を振り返り(リフレクション)、次の実践につなげていく。このシンプルな繰り返しを、自ら考え、発展させていけるように支援しています。看護師になるための知識、技術の修得はもちろん、思いやりのある人としての成長を願って、専門職業人となり社会に貢献できる人材の育成に努めてまいります。

本校での3年間をかけて、“看護専門職者になる”夢を実現しましょう。

 

千葉県立鶴舞看護専門学校長

竹中敦子

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部鶴舞看護専門学校庶務教務課

電話番号:0436-88-3660

ファックス番号:0436-88-2366

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?