ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年5月12日

ページ番号:17550

土地区画整理事業の流れ

地域住民とのまちづくり案の検討

都市計画決定

  • 土地区画整理事業の施行区域を都市計画決定します。
    *組合施行の場合、都市計画決定は必須ではありません。

施行規程・定款
事業計画の決定

  • 施行規程:施行者、権利者が準拠すべき規則を定めます。
    *組合施行の場合は、定款を定めます。
  • 事業計画:施行地区、設計の概要、事業施行期間、資金計画等を決めます。

土地区画整理審議会
・総会の設置

  • 審議会:施行区域内の地権者の代表として選挙により委員を選出し、換地計画、仮換地指定等について審議等を行います。
    *組合施行の場合は、組合員の総会で議決します。

仮換地指定

  • 将来換地とされる土地の位置、範囲を指定します。
    (以後、地権者による住宅等の建築が可能となります。)

建物移転補償

工事

  • 仮換地の指定を受け、建物等の移転工事を実施します。
  • 道路築造、公園整備、宅地の整地等の工事を実施します。

換地処分

  • 従前の宅地上にあった権利が換地上に移行します。

土地・建物の登記

  • 施行者が土地・建物の変更に伴う登記をまとめて実施します。

清算金の徴収・交付

  • 換地について各地権者間の不均衡を是正するため、金銭による精算を行います。

事業の完了

お問い合わせ

所属課室:県土整備部市街地整備課企画調整班

電話番号:043-223-3541

ファックス番号:043-222-4068

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?