ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年4月6日

用語の説明(航空機騒音関係)

 1 時間帯補正等価騒音レベル(Lden)

個々の航空機騒音の単発騒音暴露レベル(LAE、※2参照)に夕方(午後7時~午後10時)のLAEには5デシベル、深夜(午後10時~翌7時)のLAEには10デシベルを加え、1日の騒音エネルギーを加算したのち、1日の時間平均をとって評価した指標であり、単位はデシベルである。25年4月から航空機騒音に係る環境基準の評価指標として用いられている。

算出式

算出式

(但し、T0=1[s]、T=86400[s](=24[h])とする。)

※2 単発騒音暴露レベル(LAE)

単発的に発生する騒音の全エネルギーと等しいエネルギーを持つ継続時間1秒の定常音騒音レベル。

単発騒音暴露レベル

 2 WECPNL(加重等価平均感覚騒音レベル)

Weighted Equivalent Continuous Perceived Noise Levelの略。航空機騒音測定、評価のために考案されたもので、航空機騒音の特異性、継続時間の効果(航空機騒音の継続時間を20秒と仮定している)、昼夜の別等も加味した騒音のうるささの単位で、25年3月まで航空機騒音に係る環境基準の評価指標として用いられていた。省略して「W値」と呼ぶこともある。

算出式

WECPNL=dB(A)+10log10N-27

dB(A):ピークレベルのパワー平均値(※1)

N(加重回数):N2+3N3+10(N1+N4)

  • N1:0時から7時までの航空機騒音発生回数
  • N2:7時から19時までの航空機騒音発生回数
  • N3:19時から22時までの航空機騒音発生回数
  • N4:22時から24時までの航空機騒音発生回数

※1 パワー平均値

騒音の大きさ(騒音レベル)は、一般には騒音計の周波数補正回路A特性で測定した値をいう(単位はdB)。騒音の大きさは、人間の感覚に合わせて物理量である音のエネルギーを対数で圧縮し、取り扱いやすい数値としていることから、その平均は、それぞれの騒音レベルを一度エネルギー量に戻して算術平均した上で再び対数圧縮して求める。これをパワー平均という。

LdenとWECPNLの関係

WECPNLが70~80の地域においては、航空機騒音の継続時間が20秒程度である場合、LdenとWECPNLの差は概ね13となる。

Lden≒WECPNL-13

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課特殊公害班

電話番号:043-223-3805

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?