ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 大気 > 自動車公害 > 自動車公害関係情報 > 大気環境配慮型SS(e→AS)について

更新日:平成30(2018)年11月5日

大気環境配慮型SS(e→AS)について

燃料蒸発ガス(ガソリンベーパー)とは

ガソリンは揮発性が高いことから、自動車への給油時等に燃料蒸発ガス(ガソリンベーパー)が大気中に排出されます。

ガソリンベーパーは健康に影響を及ぼすおそれのあるPM2.5や光化学スモッグの原因物質の一つであり、ガソリン特有のにおいの元にもなっています。

大気環境配慮型SS認定制度

環境省及び資源エネルギー庁は、平成30年3月にガソリンベーパーを回収する装置を有する計量器を設置した給油所(SS:サービスステーション)を「大気環境配慮型SS」(愛称:e→AS(イーアス))として認定し、広く公表する制度を創設し、平成30年7月から申請の受付を開始しました。

同制度を申請した給油所は、認定制度要領に基づき審査され、平成30年9月から認定されたSSが公表されています。

認定されたSSや制度の詳細は、次のリンクをご参照ください。

環境省・資源エネルギー庁認定大気環境配慮型SS(e→AS(イーアス))外部サイトへのリンク

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課自動車公害対策班

電話番号:043-223-3807

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?