ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年2月8日

ページ番号:14090

流入車対策

平成15年10月からディーゼル車規制を実施した結果、九都県市の大気環境は大幅に改善しました。

しかし、浮遊粒子状物質(SPM)や二酸化窒素(NO2)の大気環境基準を、継続的・安定的に達成しているとは言えない状況です。

このため、九都県市首脳会議環境問題対策委員会大気保全専門部会では、首都圏の大気環境の更なる改善のため、流入車対策を目的に「環境により良い自動車」の利用を推進しています。

詳細は、九都県市あおぞらネットワーク 流入車対策について外部サイトへのリンクをご覧ください。

環境により良い自動車

ディーゼル車規制への適合だけではなく、自動車NOx・PM法の対策地域内で登録可能な自動車

更に、大気環境のより一層の改善のため、低公害車(大気汚染物質の排出量が少ない又はまったく排出されない自動車)の積極的な利用をお願いします。

貨物運送を依頼する事業者のみなさまへ

貨物の運送にあたっては、環境により良い自動車で運送ができる事業者に依頼するようお願いします。

運送事業者のみなさまへ

  • 首都圏ディーゼル車規制に適合した自動車を使用してください。
  • 自動車NOx・PM法の対策地域内で登録可能な自動車を使用してください。
  • 低公害車をできるだけ使用してください。
  • 走行の際にはエコドライブを心がけてください。

※九都県市とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の1都3県5政令市を言います。

 

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課自動車公害対策班

電話番号:043-223-3810

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?