サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

ホーム > 相談・問い合わせ > よくある質問 > 石綿を含有する製品の製造・使用等の状況はどうなっていますか?

更新日:平成29(2017)年8月6日

石綿を含有する製品の製造・使用等の状況はどうなっていますか?

質問

石綿を含有する製品の製造・使用等の状況はどうなっていますか?

回答

石綿は安価な工業材料としてスレート材、ブレーキライニングやブレーキパット、防音材、断熱材、保温材、吸湿材など広範囲に使用されていました。国内の石綿の使用量のうち、9割以上が建築物の非耐力外壁及び間仕切壁(押出成形セメント板)、住宅用屋根(住宅屋根用化粧スレート)、建築物の外装及び内装(繊維強化セメント板(平板))、建築物の屋根及び外壁(繊維強化セメント板(波板))、建築物の外装(窯業系サイディング)、煙突(石綿セメント円筒)などの建材に使用されており、そのほか、化学プラント設備用のシール材、摩擦材等の工業製品等にも使用されています。以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹き付ける作業が行われていましたが、現在では禁止されています。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部大気保全課大気規制班

電話番号:043-223-3804

ファックス番号:043-224-0949

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?