ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年9月20日

雑用水利用の必要性

雑用水利用を促進し、節水型社会を目指すことには、次のような意義があります。

1.水需要の抑制

  • 上水道給水量の節減(水道料金が安くなる)。
  • 水需給の安定化を図る。

2.渇水や災害に強い社会

(渇水時)

  • 上水道の使用量を減らすことにより、渇水時の影響を緩和する。
  • 汚水は定常的に発生することから、その処理水の活用は有効。

(災害時)

  • 自前の水処理施設を持ち、トイレ洗浄水等の雑用水が確保できることは有効。
  • 雨水貯留は流出抑制となり、都市型水害の被害を低減。また非常用水源とすることも可能。

3.環境への配慮

  • 水の循環利用や雨水の再利用により環境への負荷を低減。
  • 上下水量の低減により、浄水や水処理に関わるエネルギーの節減。
  • 雨水の貯留や浸透により流出抑制、地下水涵養。

幕張メッセモールの雑用水利用

幕張メッセモールの雑用水利用
(下水処理場の水を利用しています)

一覧へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総合企画部水政課水資源・水利班

電話番号:043-223-2273

ファックス番号:043-222-0046

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?