ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年3月23日

公共用水域における水質・底質の放射性物質モニタリング調査結果(令和元年度1回目)

発表日:令和元年8月30日
環境生活部水質保全課

県では、公共用水域(手賀沼・印旛沼流域及び東京湾)における放射性物質の状況を把握するため、水質・底質のモニタリング調査を実施しております。

このたび、令和元年度1回目の調査結果をとりまとめました。

調査結果は、

(1)水質の放射性セシウムは、全地点で不検出でした。

(2)底質の放射性セシウムは、

手賀沼流域:204~3,000Bq/kg

印旛沼流域:64~697Bq/kg

東京湾:不検出~157Bq/kg

であり、前回(平成30年12月)の調査結果と比較して同程度の値でした。

なお、底質の放射性物質は水底にあり、水で放射線が遮蔽されることから、生活圏への影響については、極めて少ないと考えています。

1調査概要

(1)調査地点

手賀沼及び流入河川:29地点(手賀沼20地点、流入河川9地点)

印旛沼及び流入河川:19地点(印旛沼5地点、流入河川14地点)

東京湾:19地点(流入河川河口部4地点、北部・中央部10地点、内房海域等5地点)

(2)試料採取期間

令和元年6月7日から7月9日まで

2調査結果

(1)水質

放射性セシウム(134及び137)は全地点で検出されませんでした。

(2)底質

手賀沼流域

204~3,000Bq/kg(最大値は大堀川河口東)

(※140~3,160Bq/kg:最大値は大堀川河口東)

印旛沼流域

64~697Bq/kg(最大値は神崎川:二重川・こふく橋付近)

(※72~1,082Bq/kg:最大値は印旛放水路(上流):ゆらゆら橋)

東京湾

不検出~157Bq/kg(最大値は旧江戸川河口部)

(※不検出~172Bq/kg:最大値は花見川河口部)

※は前回(平成30年12月)の調査結果

3その他

次回は、令和元年12月に調査を実施する予定です。

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部水質保全課水質監視班

電話番号:043-223-3816

ファックス番号:043-222-5991

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?