ここから本文です。

更新日:平成27(2015)年2月25日

水道管の埋設状況について

お客様が水道を引く予定の建物について、敷地の前面道路には既に水道本管が布設されていますか?

布設されているかわからない場合

水道本管の布設状況について、調査したい場所の管轄(受持ち区域)の水道事務所・支所の窓口でご確認くださるようお願いします。なお、電話やファックス等でのお問い合わせにつきましては、調査箇所の誤認等の原因となりますので対応しておりません。

布設されている場合

給水装置工事を行っていただく必要があります。詳しくは、以下のページをご覧下さい。

  1. 給水装置工事について
  2. 給水方式について
  3. 納付金または開発負担金のしくみについて

水道本管が布設されていない地区で、水道の利用を要望される方へ

水道本管を布設する必要があります。詳しくは、以下の内容をご覧下さい。

1 水道本管について

千葉県水道局の給水区域内において、現在、水道本管(以下、「配水管」といいます。)が入っておらず、生活用として水道の使用を希望する方(※下記をご参照下さい。)には、速やかに給水を受けることを条件に、配水管の布設に対して負担軽減措置の制度を設けています。

以下のページには、この負担軽減措置の制度による負担例を掲載しております。

生活用として水道の使用を希望する方(以下、「給水要望者」といいます。)とは、具体的に次の建物にお住まいの方をいいます。

  1. 既存の住宅、及び自ら居住するために新築する住宅。
  2. 既存の集合住宅及び貸家等(その戸数分を対象)。

既存の工場・病院・官公署・学校・事務所等が一般住宅と混在している場合は、一定条件を満たす場合に限り給水要望戸数に含めることができます。

配水管の布設工事に関するお問い合わせは、受持ちの水道事務所へお気軽にご相談ください。

配水管と給水装置のイメージ図

2 給水装置について

配水管から分岐してご家庭へ引き込む管(以下、「給水装置」といいます。)については、配水管とは別に給水申込みの申請をしていただき、給水要望者の全額ご負担により、給水装置工事を行っていただきます。

なお、給水装置の工事費とは別に「給水申込納付金等」を給水要望者にご負担いただきます。

また、今まで使用していた宅地内の井戸の配管は、水道局が設定する条件に適合していれば、その配管の全部又は一部を利用することができます。


 

  • 配水管の布設状況、及び給水装置の申込みについては、お近くの水道事務所・支所へお問い合わせください。
  • 各市によっては、配水管布設に対する助成制度等を設けている場合がありますので、お住まいの各市にお問い合わせ下さい。

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部給水課配水施設室配水工務班

電話番号:043-211-8721

ファックス番号:043-274-9806

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?