サービス停止情報

現在情報はありません。

ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年7月5日

マイクロ水力発電について

千葉県水道局では、環境への取り組みのひとつとして再生可能エネルギーの導入を進めています。
「マイクロ水力発電」は、再生可能エネルギーである水力利用により発電するもので、千葉県水道局では、平成20年度から幕張給水場(千葉市)と妙典給水場(市川市)に設置し、給水場の消費電力の削減を図り、地球温暖化防止に貢献しています。
さらに、北船橋給水場(船橋市)に同設備を2基導入し、平成26年2月より稼働を始めました。この増設によって、既存の設備と併せ、年間計画発電量は約330万kWhとなり、これは当局電気使用量の約2.2%に相当します。また、約1,500tのCO2の削減効果が得られる見込みです。

 

千葉県営水道の概要図

 概要図

(PDF:1,393KB)

 

☆幕張給水場

幕張

☆妙典給水場

妙典発電所

☆北船橋給水場1号機

北船橋給水所1号機

☆北船橋給水場2号機

北船橋給水場2号機

 

1「マイクロ水力発電」とは

「マイクロ水力発電」は、浄水場から給水場へ水を送る際の水の水圧と水量のエネルギーを利用して発電機を回す設備です。
浄水場等から給水場へ送水している既設の水道管に水車発電機を設置しました。

マイクロ水力発電の仕組み

マイクロ水力発電イメージ

2事業の概要

この事業は、共同事業者である「東京発電株式会社」が発電所を建設して、運転・保守を行い、千葉県水道局が水力エネルギーを提供する共同事業方式です。
発電した電力は、それぞれの給水場内に供給されます。

環境に優しい幕張・妙典発電所(PDF:433KB)

環境に優しい北船橋発電所(PDF:334KB)

3事業の効果

概要

場所

出力(kW)

年間計画発電量(kWh)

年間削減
CO2(t)

事業開始

幕張給水場
(千葉市美浜区)

350kW

約137万kWh
(一般家庭およそ380軒分)

およそ636t

H20年4月

妙典給水場
(市川市)

300kW

約105万kWh
(一般家庭およそ290軒分)

およそ487t

H20年5月
北船橋給水場
(船橋市)

(1号機)160kW

(2号機)75kW

約92万kWh
(一般家庭およそ260軒分)

およそ427t H26年2月

※発電量は年度により差があり、二酸化炭素の抑制量も電力会社の排出係数により変動します。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:水道局 水道部浄水課施設整備班

電話番号:043-211-8685

ファックス番号:043-274-9805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?