ここから本文です。

更新日:令和2(2020)年3月23日

ページ番号:2735

補装具の概要及び判定について

補装具の判定について

障害者相談センターは市町村から依頼を受けて、補装具費支給に係る判定を行います。

判定には、「要否判定」と「適合判定」があります。

要否判定

補装具費支給の適否や補装具の処方を判断するものです。

障害者相談センター又は出張会場に直接来所し判定を受ける「面接判定」と、申請時に提出する補装具費支給意見書により判断する「書類判定」があります。

適合判定

製作された補装具が処方どおりに製作及び調整されているかを確認するものです。
要否判定を「面接判定」により行った方は、適合判定についても原則、面接判定により行います。
「書類判定」で行った方は、補装具費支給意見書を作成した医師により適合判定も行っていただきます。

補装具の定義

  1. 身体の欠損又は損なわれた身体機能を補完、代替するもので、障害個別に対応して設計・加工されたもの
  2. 身体に装着(装用)して日常生活又は就学・就労に用いるもので、同一製品を継続して使用するもの
  3. 専門的な知見(医師の判定又は意見書)を要するもの
  4. 上記、1から3をすべて満たすもの

補装具の種目

障害者相談センターでの判定(要否判定及び適合判定)が必要な主な種目

  • 義肢(義足、義手)
  • 装具
  • 座位保持装置
  • 車椅子(オーダーメイド)
  • 電動車椅子
  • 補聴器
  • 重度障害者用意思伝達装置

市町村で補装具費の支給決定をする主な種目

  • 車椅子(レディメイド)
  • 歩行器
  • 歩行補助つえ
  • 視覚障害者安全つえ
  • 義眼
  • 眼鏡

児童のみ対象となる種目

  • 座位保持椅子
  • 起立保持具
  • 頭部保持具
  • 排便補助具

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部中央障害者相談センター相談課

電話番号:043-291-6872

ファックス番号:043-291-8488

所属課室:健康福祉部東葛飾障害者相談センター相談課

電話番号:04-7165-2422

ファックス番号:04-7165-2423

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?