ここから本文です。

ホーム > 県政情報・統計 > 組織・行財政 > 組織・職員 > 人事制度・異動 > チャレンジドオフィスちば > 「チャレンジドオフィスちば」での業務内容

更新日:平成29(2017)年4月12日

「チャレンジドオフィスちば」での業務内容

1.チャレンジドオフィスちばの業務実施方法

チャレンジドオフィスちばでは、県庁各課から持ち込まれた業務を行うとともに、各課に出向き業務を行うことで「共に働く」環境をつくり職員の障害者に対する理解促進を進めています。

「チャレンジドオフィスちば」のしくみ

 

2.オフィスで実施している業務概要

1.封入・発送

オフィスで最も多い業務は、各課からの県内外に送付される郵便物の発送業務です。

一言で発送業務といっても、書類の組込み、スタンプ押し、シール貼り、封入、枚数確認等、多くの工程があります。

オフィス職員は、自らの家に書類が届くことを想定して、常に「きれいな完成品」を心がけています。


≪職員からの感想≫丁寧な仕事で信頼をしています。

発送準備

2.会議受付・会場設営

県庁各課で主催する会議の受付や会場準備・片付けを行います。

受付では、職員と同様に、名前や所属の確認、当日の資料配布を行うほか、大きな声であいさつを行うことを心がけています。

受付

3.簡易入力

写真データのスキャニングやアンケート調査の入力など、パソコンで簡易入力等を行う業務を実施しています。

文書を電子化し、オフィスのスリム化を行っている課も多く、このような入力業務も増えています。

パソコン入力

4.文書集配

毎日、朝夕に各課の郵便物を「文書収発室」に持っていくとともに、届いた郵便物等を各課へ届ける、いわゆる「メール便」業務です。

このほかに、夕刊を各課に配る業務などもあります。


≪職員からの感想≫出入りの時の大きな挨拶がとても気持ちよく元気になります。

文書集配

5.ゴミ回収

毎日、夕方に各課職員脇のゴミ箱からリサイクルできる紙を仕分けながらゴミ回収を行う業務です。

ゴミ回収の際、「ごみを回収します」「ありがとう」といった職員との交流も生まれており、コミュニケーション能力も磨かれる作業となっています。

ごみ回収

6.機密文書等の粉砕(シュレッダー)

個人情報等の機密文書をシュレッダー機により粉砕する業務です。

このほかに、3.5インチのフロッピーディスクなどを物理的に破壊する業務などもあります。

シュレッドの様子

7.訂正シール等の貼付

各課で広報等に使用するリーフレットやポスターなどで、住所や組織等の変更があり、利用できないものでも、一部シール等で訂正することで使用可能なものは、オフィスで訂正シールを貼り、有効活用しています。


≪職員からの感想≫作業も早く、丁寧、スピーディでとても助かっています。

訂正シール

ページの先頭へ戻る

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課人事企画班  

電話番号:043-223-2082

ファックス番号:043-225-1904

チャレンジドオフィスちば
電話:043-223-2597

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?