ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 水産関係出先機関 > 勝浦水産事務所 > 浜からのたより > 標識放流したサワラが、今度は宮城県で再捕されました。

更新日:令和2(2020)年7月21日

ページ番号:390032

標識放流したサワラが、今度は宮城県で再捕されました。

令和2年6月11日、16日に夷隅東部ひき縄研究会が外房沿岸で標識放流したサワラが相次いで瀬戸内海で再捕されたことをお知らせしましたが、今度は、宮城県で再捕されたとの報告がありました。

今年の2月7日にいすみ市大原漁港南東沖約6kmで放流した1尾が、157日後の7月13日に、直線距離にして約410kmも離れた宮城県気仙沼市本吉町日門沖で再捕されました。これで92尾放流したサワラのうち3尾が捕まったことになります。また、これが初めての東北地方からの報告となります。

これまでの結果から、外房・九十九里沖に来遊するサワラは広く移動している可能性があり、大変興味深いところです。このことを今後の資源管理に役立てていければと考えています。

今後も夷隅東部ひき縄研究会では、標識放流を継続し、本県におけるサワラの生態を明らかにするとともに、資源管理に取り組みながら、おいしいサワラを皆様にお届けしたいと考えています。

標識のついたサワラを再捕した方は、勝浦水産事務所(電話0470-73-0108)までご連絡ください。

再捕されたサワラ

採捕されたサワラ

報告を呼び掛けるポスター

報告を呼び掛けるポスター(PDF:346KB)

お問い合わせ

所属課室:農林水産部勝浦水産事務所改良普及課

電話番号:0470-73-0108

ファックス番号:0470-73-4644

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?