ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年5月15日

消防学校の施設

千葉県消防学校施設の概要

敷地面積:62,069.74平方メートル
建築延面積:16,927.73平方メートル

施設の概要

教育棟

鉄筋コンクリート造2階建

建築面積2,369.55平方メートル延床面積4,590.46平方メートル

宿泊棟

鉄筋コンクリート造4階建

建築面積2,104.28平方メートル延床面積5,535.38平方メートル

屋内訓練場

防災備蓄倉庫

鉄筋コンクリート造(一部、鉄骨造)4階建

建築面積1,654.75平方メートル延床面積2,920.62平方メートル

車庫棟

鉄骨造1階建

建築面積1,084.84平方メートル延床面積1,071.23平方メートル

水難救助訓練施設

鉄筋コンクリート造1階建
建築面積226.50平方メートル延床面積230.78平方メートル

地下街

トンネル訓練施設

鉄筋コンクリート造1階建

建築面積823.99平方メートル延床面積838.65平方メートル

総合訓練塔

鉄筋鉄骨コンクリート造(一部、鉄骨造)7階建

建築面積428.08平方メートル延床面積1,552.24平方メートル

救助訓練塔

鉄骨造2階建

建築面積358.36平方メートル延床面積24.00平方メートル

市街地救助訓練塔

鉄筋コンクリート造1階建

建築面積144.76平方メートル延床面積108.37平方メートル

教育棟

教育棟

各種授業を行う施設

 

教育棟

収容人数約300人であり、
各種式典などを行う施設

 

教育棟

室内への救急自動車の進入が可能であり、
実践的な救急活動訓練を行う施設

 

教育棟

危険物及び火災調査に係る
各種実験・実習を行う施設

 

教育棟

指揮シミュレーション機器を備え、
災害時の指揮訓練を行う施設

教育棟

企業や県民等への研修を行う施設

宿泊棟

宿泊棟

240人収容可能な宿泊施設

宿泊棟

室内はパーテーションにより個別空間を確保

宿泊棟

ブース内は約9平方メートル

宿泊棟

240名収容の食堂

総合訓練塔

総合訓練塔

高さ約40メートルの訓練塔

総合訓練塔

AFTによる実火消火訓練施設

総合訓練塔

迷路を設置し、複雑な建築物での救助訓練を
実施する施設

総合訓練塔

模擬家屋等を燃やすことによる火災調査や
火災判定の訓練を実施する施設

屋内訓練場・防災備蓄倉庫

屋内訓練場・防災備蓄倉庫

雨天時における訓練を実施する施設であり、
各種式典等でも使用

屋内訓練場・防災備蓄倉庫

消防車両も進入できる
大型のシャッターを完備

屋内訓練場・防災備蓄倉庫

災害に備え必要な物資を備蓄

屋内訓練場・防災備蓄倉庫

倉庫は4階建てとなっており、
小荷物昇降機やシューターを完備

水難救助訓練施設

水難救助訓練施設

長さ50メートル、深さ1.8メートル、
6コースを備えた、河川や海岸等を想定した
水難救助訓練を実施する施設

水難救助訓練施設

水深8メートルで、底から泡を発生させ、
視界不良の状況を再現

救助訓練塔

救助訓練塔

登はん、降下、渡過など様々な状況下を
想定した救助訓練を実施する施設

救助訓練塔

地下街・トンネル訓練施設

地下街・トンネル訓練施設

地下店舗やトンネル等での救助訓練を実施する施設

地下街・トンネル訓練施設

約60メートルのトンネルを想定し、
両方向から消防車両の乗入れが可能

地下街・トンネル訓練施設

6つの想定店舗スペース

地下街・トンネル訓練施設

各店舗スペース内

市街地救助訓練塔

市街地救助訓練塔

市街地特有の各種災害を想定した訓練を
行う施設であり、傾斜地やマンホールへの
転落事故を想定した訓練を実施

市街地救助訓練塔

冠水した道路に水没した車両等での訓練や、
垂直面での訓練を行う施設

水防訓練場

水防訓練場

集中豪雨等による水害に対応するため、
土のう作成及び水防工法について訓練を行う施設

水防訓練場

上部に水を溜め、栓を開放することで
下部から水が溢れ出す仕組み

震災訓練場

震災訓練場

倒壊建物やがれき等狭隘空間からの
救助訓練を行う施設

車庫棟

26台収容可能な車庫

お問い合わせ

所属課室:防災危機管理部千葉県消防学校総務課

電話番号:0436-63-5435

ファックス番号:0436-63-5437

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?