ここから本文です。

更新日:令和元(2019)年8月2日

ページ番号:2794

お店で[1](マンガでわかる障害者差別解消法)

視覚障害のあるAさんは、盲導犬を連れてレストランで食事をしようとしました。

 

ところがお店の受付で止められてしまいました。

 

店長が出てきて、お店は利用できませんとのことでした。

 

空いた席があるのに、盲導犬がいたからでしょうか。

 

盲導犬や聴導犬、介助犬といった補助犬は体の不自由な人の体の一部であり、ペットではありません。「犬だから」という理由で拒否せずに温かく見守ってください。

 

前のページ次のページ

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉推進課共生社会推進室

電話番号:043-223-2338

ファックス番号:043-221-3977

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?