ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 自然・生物保護 > 鳥獣対策 > 野生鳥獣の保護管理 > 鴨川市での猟銃事故に対する県の対応について

報道発表資料

更新日:平成30(2018)年6月16日

鴨川市での猟銃事故に対する県の対応について

平成30年6月15日

千葉県環境生活部自然保護課

平成30年6月14日(木曜日)に鴨川市において、猟銃の弾が近くにいた男性に当たり、その男性が死亡するという事故が発生しました。

市町村が実施する有害鳥獣捕獲事業においても猟銃が使用されることから、本日、市町村及び一般社団法人千葉県猟友会に対して、銃の使用による捕獲事業に係る安全対策の再確認とその徹底を要請したので、お知らせします。

1.事故の概要

有害鳥獣の捕獲許可を持つ者が、サルの駆除のため、散弾銃を発砲したところ、近くにいた男性に銃弾が当たり、男性はその後お亡くなりになりました。

2.県の対応状況

以下の文書を発出し、安全対策の徹底を要請しました。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課鳥獣対策班

電話番号:043-223-2936

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?