ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 自然・生物保護 > 鳥獣対策 > 野生鳥獣の保護管理 > ガン・カモ・ハクチョウ類調査について

更新日:令和2(2020)年5月12日

ガン・カモ・ハクチョウ類調査について

調査概要

この調査は、県内の主要鳥獣保護区等におけるガン・カモ・ハクチョウ類の冬期の生息状況を明らかにし、鳥獣保護行政に必要な資料とするため、環境省が行う全国一斉調査とは別に、千葉県鳥獣保護管理事業計画に基づき県独自でカウント調査をしているものです。

調査は、11月、12月、1月、2月に各月1回実施しています。なお、1月分の調査結果は、環境省の全国一斉調査の結果を用いています。

主要鳥獣保護区等

  • 手賀沼鳥獣保護区
  • 印旛沼北部鳥獣保護区
  • 印旛沼西部鳥獣保護区
  • 小櫃川河口域
  • 行徳鳥獣保護区
  • 国指定谷津鳥獣保護区

調査結果

昭和62年度より継続して調査を実施しており、令和元年度までの結果を下記のとおり取りまとめました。

なお、国指定谷津鳥獣保護区は環境省の公表データを使用しています。

ガン・カモ・ハクチョウ類調査結果

 

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:環境生活部自然保護課狩猟・保護班

電話番号:043-223-2972

ファックス番号:043-225-1630

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?