ここから本文です。

更新日:令和3(2021)年8月17日

ページ番号:417187

千葉県新型コロナウイルス感染症患者の入院医療費公費負担について

都道府県知事は、新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、感染症指定医療機関へ入院することを勧告することができます。

ただし、緊急その他やむを得ない理由があるときは、感染症指定医療機関以外の病院若しくは診療所であって当該都道府県知事が適当と認めるものに入院することを勧告することができます。

また、入院治療に要する医療費については、必要な費用を公費で負担します。ただし、世帯員の市町村民税の総所得割合額が56万4千円を超える方は、月額2万円を上限として一部負担がありますので、入院勧告を受けた方又は患者を受け入れる医療機関は、下記より手続き、対応をお願いいたします。

入院勧告を受け治療された方へ

  • 公費負担の手続きを行うため、入院を勧告した保健所(※)に自己負担額認定の書類を提出していただく必要があります。
  • 入院後は、患者ご本人またはご家族より手続きいただけますようお願いします。

(※)現在、保健所業務が逼迫しており、入院勧告保健所からの公費負担申請に関する案内にお時間を要することを御容赦ください。

(※)公費負担申請の案内を受けた後、なお不明点等がありましたら、入院勧告保健所へお問い合わせください。

感染症指定医療機関での入院医療費について

  • 感染症指定医療機関での入院時に要した医療費を公費で負担するために行う手続きです。

手続方法

  • 入院を勧告した保健所へ次の書類を提出してください。

提出書類

(※)書類の例:市民税(非)課税証明書・生活保護受給の証明書・給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額通知書等

根拠法令

注意事項

  • 千葉県内において保健所を設置する市は、千葉市、船橋市、柏市です。この3市に居住の方は、各市に設置された保健所での申請となりますので、各市の保健所にお問い合わせ下さい。
  • 同一住所にいる者全員の「市町村民税の所得割額」が56万4千円を超える場合は、月額2万円を上限に入院日数で日割りした額の自己負担が発生します。

感染症指定医療機関以外での入院医療費について

  • 感染症指定医療機関以外での入院時にかかった医療費は、感染症法では、(1)医療機関で一旦お支払いいただき、(2)後日、都道府県等に請求し、同額の支給を受けていただくことになっています。
  • ただし、申請書下部の「療養費支給に関する申請者同意欄」にて同意いただいた場合は、後述する自己負担額以外の医療費について、医療機関で入院費用をお支払いいただく必要がなくなります。

手続方法

  • 入院を勧告した保健所へ次の書類を提出してください。

提出書類

(※)書類の例:市民税(非)課税証明書・生活保護受給の証明書・給与所得等に係る市民税・県民税特別徴収税額通知書等

根拠法令

  • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第42条

注意事項

  • 千葉県内において保健所を設置する市は、千葉市、船橋市、柏市です。この3市に居住の方は、各市に設置された保健所での申請となりますので、各市の保健所にお問い合わせ下さい。
  • 同一住所にいる者全員の「市町村民税の所得割額」が56万4千円を超える場合は、月額2万円を上限に入院日数で日割りした額の自己負担が発生します。

その他参考情報