ここから本文です。

更新日:平成29(2017)年3月7日

結核の集団感染について

結核は、千葉県で年間約千人、全国で年間約2万人もの新たな患者が発生している、いまなお十分注意が必要な感染症です。

早期発見・早期治療は本人の重症化を防ぐためだけではなく、大切な家族や職場等への感染の拡大を防ぐためにも重要です。

結核の初期症状は、風邪とよく似ています。2週間以上咳が続くようでしたら、必ず医療機関を受診しましょう。また、職場等での健診の対象者の方、又は市町村で行っている結核住民健診の対象者(65歳以上)の方は、必ず健診を受けましょう。

過去の結核の集団感染

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課感染症医療班  

電話番号:043-223-2665

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?