ここから本文です。

更新日:平成25(2013)年10月10日

在宅難病患者一時入院事業

1.事業概要

御家族等の介護者が介護疲れ、病気、事故等により在宅での難病患者さんの介護が困難になった場合に、患者さんを一時入院させ、患者さんの安定した療養生活の確保と介護者の福祉の向上を図ることを目的としております。

介護者が休息を取ることで、介護の質を高めることになりますし、患者さんと介護者が介護の在り方について、改めて考える良い機会になると思います。

2.対象者

事業実施要綱上は、以下のすべての要件を備えている方を対象としておりますが、当面の間は、気管切開をし、人工呼吸器を装着した神経・筋疾患の患者さんを対象とします。

(1)千葉県に住所を有する方

(2)在宅で療養する千葉県特定疾患治療研究事業の受給者

(3)家族等の介護者の休息(レスパイト)、又は事故等の理由により介護等が受けられなくなった方

(4)常時医学的管理下に置く必要があり、病状の安定している方

千葉県在宅難病患者一時入院事業実施要綱(PDF:258KB)

3.事業委託医療機関

  • 千葉東病院(千葉市)
  • 船橋総合病院(船橋市)
  • セコメディック病院(船橋市)
  • 東松戸病院(松戸市)
  • 公立長生病院(茂原市)
  • 成田赤十字病院(成田市)
  • 千葉・柏たなか病院(柏市)
  • 北総白井病院(白井市)
  • 新八千代病院(八千代市)
  • 亀田総合病院(鴨川市)
  • 初富保健病院(鎌ケ谷市)
  • 下志津病院(四街道市)
  • 県立佐原病院(香取市)

4.入院期間・入院回数

入院期間は、1回の入院につき、20日以内(延長が必要と認められた場合は、1箇月以内)

入院回数は、同一年度で3回以内(入院回数の少ない患者さんを優先いたします。)

5.利用された患者さん・御家族の声

≪患者さん≫

  • お風呂がジェットバスで気持ちよかったです。
  • 入院前は気が進まず、不安でしたが、先生や看護師さんが一生懸命接してくれたおかげで、落ち着いてお世話になることができました。
  • 退院後、妻がニコニコしていたので、気分が良かったのだと思います。

≪御家族≫

  • 事前に旅行が計画でき、普段、行けない孫宅に泊まりに行くこともできました。エネルギーを一杯貯めたので、これでまた、介護も頑張れます。
  • 毎日、リハビリをしていただいたので、生活レベルが落ちることなく本当に良かったです。
  • 1箇月良く眠れ、休養が取れてリフレッシュできました。
  • 入院前の患者は夜型の生活でしたが、退院後は生活リズムが整い、夜、眠れるようになりました。それに伴い、家族の睡眠時間も確保できるようになり、介護負担が軽減されました。

6.その他

  • 事業の趣旨が介護者の休息等(レスパイト)であることから、入院時の基本的な検査を除いて、特別な治療等は行いません。
  • 基本的に医療費は発生しませんが、雑費・移送費用は患者さんの負担となります。

7.相談窓口

千葉市・船橋市・柏市のお住まいの方は、市保健所へ、

それ以外の地域にお住まいの方は、住所地を所管する県健康福祉センターへお問い合わせください。

相談窓口一覧(PDF:76KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課難病・アレルギー対策班

電話番号:043-223-2662

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?