ここから本文です。

更新日:平成28(2016)年4月5日

ごあいさつ

お辞儀をしている看護師さんお辞儀をしている看護師さん

サイトへのアクセス、ありがとうございます。

このホームページでは、アレルギー性疾患や、類似する病気、アレルギー以外の他の病気との関係について、話題提供をしてまいります。

いろいろな病気の成り立ちを考えながら、アレルギーの病気の理解を、進めていきましょう。

昨今、医療情報の氾濫する競争社会の中で、アレルギー症状が、生活の質の低下させています。

アレルギーが、いろいろな他の病気とも、かかわりあっていることを学べます。

アレルギーの症状は、悩ましいものですが、これも体のしくみのひとつと考え、ポジティブ思考に向けて、自然にわきあがる体の調節力に、期待しましょう。

アレルギーに関しては,その病態が、少しずつわかってきましたが、まだわからない事が多く、正しいとされた知識が、変わってしまうことがあります。

医学の進歩により、遺伝子の解明が進み、今まで、”持って生まれた体質”という漠然としたものの中身が、少しづつわかってきました。

居住する周囲の環境により、”持って生まれた体質”も、大きく影響を受けることがわかりました。喘息発症の遺伝子探しも、世界中で精力的に続けられています。

遺伝子解明が進むにつれ、病気に対する個人差がますます明らかになってきました。
アレルギーの病気の起こり方も進み方も、人それぞれに違います。

また、薬に対する反応も、個々の方で違います。

同じ人においても、時間と共に病気は変化していきます。

最初に良く効いた治療でも、だんだん効きがわるくなることもあります。

私たちの体を取り巻く環境が変化し、それに応じて私たちの体も常に変化しています。

病気も変化していきますので、正しい医学知識も、時間の経過と共に変わります。

さらに、なにが正しいかを知るためには、多くの人が協力して、見極めていく必要があります。

今は、アレルギーに関するたくさんの情報があふれています。

人はなぜアレルギーになるかに関して知識も進みましたが、まだまだわからないことの方が多いようです。

アレルギーの治療も残念ながら、“これで万全“なものはありません。

時には、診療にあたる医師たちの言うことが違うと感じることもあるかもしれません。

それは、しばしば、起こることと思います。

しかし、その違いは、あなたが感じているほど、違わないかもしれませんj。

そうしたことも、見えてきます。

そうなると、楽しく勉強が進むと思います。アレルギーの病気の元となっているのは”免疫”という体のしくみですが、免疫は私たちを、有害物質から守るために進化してきました。

本来は、体を守るしくみ(免疫)が、過剰になったり、間違って働くため、現在のアレルギー病が起きると考えられます。

アレルギーの病気の治療が難しい理由は、こうした体を守るしくみ(免疫)を無くしてしまうことができないからです。

私たちの体の同じしくみが、悪玉も善玉も演じて、いろいろな病気の症状となります。

このホームページでは、“アレルギーとは、異物に対する非効率で、過剰な体の反応”と、説明しています。

最初、なじみがないと感じられる方でも、次第に言葉に慣れてきますので、ちょっと、がまんして勉強を進めてください。

次第に、違和感が無くなっていくと思います。

治療も理論も、とどまるところを知らず、進歩しています。

アレルギーの克服や治療は、人々が楽しく暮らせる健康環境をめざすことです。

皆様の、ご意見をお待ちしています。

電話相談を受けている看護師さん

「アレルギー相談センター」電話相談

  • ぜんそく
  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 花粉症
  • 食物アレルギー等

についての疑問や相談等に電話でお答えします。

アレルギー相談センター

相談に関するご注意

よくある質問

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部疾病対策課難病・アレルギー対策班

電話番号:043-223-2662

ファックス番号:043-224-8910

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?