ここから本文です。

ホーム > しごと・産業・観光 > 農林水産業 > 森林・林業 > 里山保全 > 森林・山村多面的機能発揮対策

更新日:平成25(2013)年8月27日

森林・山村多面的機能発揮対策

森林・林業を支える山村の過疎化、高齢化が進む中、これまで様々な資源の利用を通じて地域住民の生活を支えていた森林との関わりが希薄になり、藪化の進行や竹の侵入等により、森林の有する多面的機能の発揮が難しくなっています。

このため、林野庁では森林所有者や地域住民等が協力して森林の有する多面的機能を発揮させるための保全活動や山村地域の活性化に資する取り組みに対し支援する事業を開始します。

制度の概要

事業内容

地域住民が中心となった活動組織が実施する、地域の森林の保全管理等の取組みに対し、一定の費用を国が支援します。

  • 活動計画作成等(現地の林況調査、活動計画策定のための話し合い、計画の策定、計画の策定、研修等)
  • 地域環境保全タイプ(雑草木の刈払い、集積・処理、落ち葉掻き、歩道・作業道の作設、竹・雑草木の伐採等)
  • 森林資源利用タイプ(森林環境教育、森林レクリエーション、生物多様性保全の調査、体験林業の際の安全講習等)
  • 資機材・施設購入・設置(地域環境保全タイプ又は森林資源利用タイプの実施に必要な機材及び資材の購入等)

対象組織

森林所有者、地域住民、自治会等地域の実情に応じた3名以上の組織で、対象とする森林所有者との間で利用等に関しての協定を締結していることが必要です。

対象森林

森林経営計画(及び森林施業計画)を策定していない森林。
ただし空間利用タイプについては、森林経営計画(及び森林施業計画)を策定している森林の活用も可能です。

 

詳細については、林野庁ホームページをご覧ください。

 

交付金の申請方法

申請手続について

千葉県における本交付金の窓口は「千葉県里山林保全整備推進地域協議会」です。事務局はNPO法人「ちば里山センター」で行っております。

林野庁の定める要綱等や、地域協議会における募集要領等をご確認のうえ、必要書類の作成をお願いいたします。

 

 
 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部森林課森林政策室

電話番号:043-223-2951

ファックス番号:043-225-7448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?