ここから本文です。

ホーム > 環境・まちづくり > 環境 > 地球温暖化対策 > 千葉県省エネ・節電サイト

更新日:平成28(2016)年12月8日

千葉県省エネ・節電サイト

省エネ・節電は、電力需要の高まる夏や冬だけのものではなく、ライフスタイル節電チーバくんとして定着すれば地球環境の保全につながる取組です。
県民・事業者の皆様におかれましては、日常生活や事業活動の中で、無理なく長く続けられる節電への御協力をお願いいたします。

このサイトでは、家庭や職場の省エネ・節電に役立つ情報をご紹介します。

  1. 家庭の省エネ・節電
  2. ウォームビズについて
  3. クールビズについて
  4. クールシェアについて
  5. 関連情報(県庁の取組など)

 1.家庭の省エネ・節電

「我が家のCO2CO2スマート大作戦」

家庭からの二酸化炭素(CO2)排出量が多くなる冬と夏に、日常生活での省エネを、コツコツとスマートに進めていただけるよう、「我が家のCO2CO2スマート大作戦」を実施しています。

平成28年度冬季の参加募集について

  • 参加方法

1.ミッションシートを参考に省エネに取り組む
 (取組期間:平成28年12月1日から平成29年2月28日まで)

2.家庭での取組結果をシートに記載して、県に報告

3.抽選で50名の方にエコグッズ等の記念品が当たる!

※ミッションシートは、市町村窓口でも受け取ることができます

  • 提出期限

平成29年3月15日(水曜日)必着

  • 提出先

〒260-8667(住所記載不要)県循環型社会推進課
メールアドレスe-earth@mz.pref.chiba.lg.jp
ファクス番号:043-221-3970

※メールの件名は「我が家 コツコツ 応募」としてください 

詳細情報

家庭の省エネ・節電パンフレット「ピークに賢くみんなで節電」
(作成:千葉県地球温暖化防止活動推進センター)

 2.ウォームビズについて

「ウォームビズ」とは、「暖房時の室温20℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイル」です。

地球温暖化対策の一環として、平成17年度に環境省の呼びかけにより開始されました。

冬季の暖房時の温度設定を1℃低くすると約10%の消費電力の削減になると言われています。
環境省「みんなで節電アクション!」より)

また、日本では、冷房が必要な期間よりも暖房が必要な期間の方が長く、冬の節電は夏の対策よりも省エネ効果やCO2排出量の削減効果が高いと言われています。

地球温暖化対策や節電のため、服装や過ごし方を工夫して、過度な暖房に頼らずに快適に過ごす「ウォームビズ」にご協力をお願いします。

ウォームビズの工夫の例

  • 保温性の高い機能性下着の着用や重ね着をする
  • ひざ掛けや座布団など、「ウォーム小物」を活用する
  • 湿度を管理して体感温度を上げる
    (湿度を15%上げれば室温を1℃下げても体感温度は変わらないと言われています。
     湿度を適切に保つことは風邪の予防にも効果的です。)  
  • 血行促進のために、ストレッチや階段の利用など軽い運動を取り入れる  
  • 温かい飲み物や、根菜などの体を温める食材を摂る

(環境省ホームページから抜粋)

参考情報

 3.クールビズについて

「クールビズ」とは、「冷房時の室温28℃でも快適に過ごすことのできるライフスタイル」です。

地球温暖化対策の一環として、平成17年度に環境省の呼びかけにより開始されました。

夏の冷房時の温度設定を1℃高くすると約13%の消費電力の削減になると言われています。
環境省「みんなで節電アクション!」より)

地球温暖化対策や節電のため、服装や過ごし方を工夫して、過度な冷房に頼らずに快適に過ごす「クールビズ」にご協力をお願いします。

クールビズの取組の例

  • ポロシャツなどを活用した軽装や冷感素材を取り入れる
    (ネクタイを外すなどのクールビズを実践すると、体感温度は2度下がります)
  • ブラインドや遮熱シート・緑のカーテンなどを使って日差しを遮り、室温の上昇を抑える
  • エアコンのフィルターをこまめに掃除して運転効率を上げる
  • エアコンと扇風機などの併用で冷たい空気を部屋全体に循環させる
    (体に風が当たると体感温度を下げる効果もあります)
  • 夏野菜など、体内から冷やしてくれる食べ物を摂る

(環境省ホームページから抜粋)

参考情報

 4.クールシェアについて

「クールシェア」とは、一人一台のエアコンの使用を控え、家族が一つの部屋で過ごしたり、公共施設や商業施設に出かけたりして涼しい場所を共有することで、地球温暖化対策や節電につなげる取組です。

夏の暑い日、家庭で使用する電力の半分以上をエアコンが消費しています。

涼しい場所をみんなでシェアする「クールシェア」で、家庭や地域で楽しみながら、夏の省エネ・節電に取り組みましょう。

クールシェアの取組の例

  • まちでクールシェア
    公民館や図書館等の公共施設、地元のお店など、暑さを忘れて過ごせる場所に集まる。  
  • 自然の中でクールシェア
    木陰や水辺など自然が多く涼しい場所に行き、ゆったりとした時間を過ごす。
  • おうちでクールシェア
    家族がひとつの部屋で過ごし、エアコンの使用台数を減らす。

クールシェアスポットについて

「クールシェアスポット」とは、地域で気軽に集まって涼むことのできる場所や施設等を指します。

千葉県では、公民館や図書館等の公共施設等をクールシェアスポットとして登録し、ホームページ上で紹介しています。

千葉県内のクールシェアスポット一覧

参考情報

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:環境生活部循環型社会推進課温暖化対策推進班

電話番号:043-223-4645

ファックス番号:043-221-3970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?